音声読み上げ おすすめ AWSのアマゾンポリー Amazon polly

ネットサーフィン中に、文字がびっしり詰まったサイトがあると読むのもしんどいものですよね。
正直、行間が狭くて文字数が多いサイトには困っていました。

そんな時に音声で読み上げてくれるサービスがあれば便利です。
音声読み上げサービスにアマゾンポリーというものがあったのでご紹介。

音声読み上げデモ

まずはデモをお聴きください。

男性(Takumi)

女性(Mizuki)

※個人的におすすめは、Mizuki の声は聞き取りやすいと思います。
TakumiよりMizukiの方が自然なイントネーションです。

アマゾンポリーとは

人工知能を活用したテキスト読み上げサービスです。

文章の読み上げ精度は高いのが特徴です。
読み方や発音、イントネーション等は人工知能を活用しているから今後データを蓄積すると精度はより高くなると思います。

※アマゾンポリーはAWSのサービスです。
アマゾンのサーバーサービスのことをAWSと呼びます。
今ならアカウントを作成してから一年間は無料で利用できます。

アマゾンポリーのメリット

・読み上げ精度が高い
・人工知能を活用するから今後も精度はあがる
・一年間体験無料
・発音が自然に聞こえる
・文字を音声にするだけなら、特別な操作の必要なし

アマゾンポリーのデメリット

・読み間違いをすることもある(これから改善)
・文章を音声化してから音声ファイルをダウンロードする必要がある
・日本語は、男性(Takumi)、女性(Mizuki)の2パターン
・文章と文章のスペースをあけることで、間(休み)をとってほしいが、一定の速度で読み上げてしまう。
・今後、スマホアプリで出て欲しい。

パソコンで見た場合

https://aws.amazon.com/jp/polly/

赤枠のプレーンテキストに「音声変換したい文章」を入れて、言語を「日本語」にします。
管理画面上でテキストを読み上げることもできるし、音声をmp3形式で保存することもできます。

アマゾンポリーは、スマホの画面上の文字を読み上げるということはできません。

1度に音声変換できる文字数は1,500文字までです。今後、音声変換できる文字数が増えることを期待します。

価格

今ならAWSのサービスが1年間 体験できて無料です。
1 か月あたり 500 万文字を無料で変換できます。

無料利用枠を超えた場合、テキストの長さが100万文字まで、音声の長さが~23時間8分までなら4ドルで利用できます。

最新の情報は下記のURLからご覧ください。
【Amazon Polly】料金(人工知能を活用したテキスト読み上げサービス)
https://aws.amazon.com/jp/polly/pricing/

変換された音声を2週間、聴いてみての感想

AIの音声は、最新ニュースや天気予報の情報をキャッチするのに向いています。

しかし、繰り返し聞くなど「学習」を目的とした音声には向いていないことがわかりました。
人工知能の話し方は、一定のリズムなので、ずっと繰り返し聞いていると印象に残らない。
音声に感情がないので、内容が入ってこないです。

簡単な使い方の流れ

1.AWSのアカウント作る
2.AWS コンソールにログインする
3.サービスで[Polly]を検索後、pollyのページを開く
4.テキスト入力欄にテキストを入れる
5.「音声を聴く」ボタンを押す

これで文章を音声化できます。

読み方やイントネーションの設定は可能

ここからは少し技術的な話になりますが、単語の認識に失敗するときや、変なアクセントになるときは、SSMLとレキシコンで単語を登録すれば自分で改善もできます。

具体的には、下記の方法です。

・SSML(音声合成マークアップ言語)を設定

下記のSSMLを使うと「Amazon Polly」という単語を強調して読ませることができます。

私はAmazon Pollyです。

・レキシコンの設定

レキシコンでは「指定した単語の読み上げ方を変更する」ことが可能です。

書き方の例は下記です。


www
world wide web

例は「www」という単語を「world wide web」に読み替える設定です。

レキシコンの拡張子は「.pls」です。
ファイル名をxxx.plsという名前で保存後、管理画面からアップロードができます。

Amazon PollyでAIアナウンサー

簡単な原稿を読み上げるなら、人間がしなくても、AIに任せてしまうことができます。
機械学習によって、人間に近い発音を覚えさせることができるからです。

発音やイントネーションを覚えさせることで、読み間違えや単語の精度があがります。

もうすでに、FMラジオ放送でAmazon Pollyが使用されています。
和歌山県のコミュニティ放送局である特定非営利活動法人のエフエム和歌山で活用中です。

2017年7月1日から「ナナコ」という名前の“AIアナウンサー”が活躍しているそうです。

担当は、ニュースと天気予報。

なぜ、AIにニュース原稿や天気予報を読ませるのかというと、放送エリアの小さいラジオ局では、金銭的な理由でアナウンサー不足です。

また、深夜や早朝などアナウンサーが勤務しにくい時間にも視聴者にニュースと天気予報を届けることができます。

今後、エフエム和歌山のようにAIアナウンサーが活躍する場面が増えそうです。

関連記事一覧

PAGE TOP