AI(人工知能)とは

未来予測 テクノロジー

AI(人工知能)

コンピューターを使って、学習・推論・判断など人間の知能のはたらきを人工的に実現したもの。

機械学習、ニューラルネットワーク、ディープラーニングの構造

機械学習

人間が自然に行っている学習能力と同様の機能をコンピューターで実現しようとする技術・手法のこと。
データから反復的に学習し、そこに潜むパターンを見つけ出すことです。
そして学習した結果を新たなデータにあてはめることで、パターンにしたがって将来を予測することができます。

ニューラルネットワークとは

人間の脳はニューロン(neuron)という神経細胞のネットワーク構造となっています。
ニューロンから別のニューロンにシグナルを伝達する接続部位のことをシナプスと言い、ニューロンはシナプスから電気や化学反応のシグナルを発信して情報をやり取りします。
そして、ニューラルネットワークは、こうした人間の脳の仕組みを模倣して研究されたアルゴリズムです。

ディープラーニング (深層学習)

音声の認識、画像の特定、予測など人間が行うようなタスクを実行できるようにコンピューターに
学習させる手法です。ディープラーニングでは、人間がデータを編成して定義済みの数式にかけるのではなく、人間はデータに関する基本的なパラメータ設定のみを行い、その後は何層もの処理を用いたパターン認識を通じてコンピューター自体に課題の解決方法を学習させます。
ニューラルネットワークを多層化することで、より複雑な特徴量の表現と計算を可能にしたものがディープラーニングです。

人工知能(AI)、機械学習、ディープラーニング(深層学習)の関係図
深層学習は機械学習の一部です。

AIアルゴリズム

コンピューターの行動を決定させるためには、「どのように行動するか」を示したプログラムが必要となります。このプログラムの中の「どのように」を決めるものがアルゴリズムです。
つまり、アルゴリズムはある状態では「1」の行動を選択し、別の状態では「2」の行動を選択するというような、次の行動を決定するまでの手順のことを示します。

ビッグデータ

ビッグデータとは、スマートフォンやインターネットを通した位置情報・行動履歴や、
ホームページやテレビの閲覧・視聴に関する情報などから得られる膨大なデータを指します。
モノがインターネットに繋がることで、今まで計測できなかったことがデータとして取得できるようになります。

クラウドAI

インターネットがつながっている環境であれば、クラウド上にいるAIを利用できることです。
クラウドサービスが普及すれば、さまざまな会社が簡単に利用できるようなかたちで提供されます。
クラウドAI大手3社は、グーグル、アマゾン、マイクロソフトです。

コメント