アクセスが集まらないことで悩んだときに考えること

SEOの基本

記事をいっぱい書いたけど、思ったようにアクセスが伸びない。
そんな時に考えるポイントがあります。

まずは集客について考えます。

サイト訪問者がどこから自分のサイトにアクセスできたのか?を調べます。

どこからアクセスがあるのかを調べる方法は、Googleアナリティクスというツールを使います。

無料で設置できて、高機能な分析ができます。

初めての方には専門用語やツールの使い方を覚えるのが大変ですが、すべての機能を使いこなさなくても、知りたい数値を把握することができるので安心してください。

Googleアナリティクスについてはこちらからどうぞ↓↓↓
https://webooooo.com/google-analytics-2-1287.html

集客経路の種類

自分のサイトに訪問してくれた人はどこからアクセスしてきたのでしょうか?

アクセス経路は5つに分類されます。

1.検索エンジン経由

オーガニック検索のことです。Googleやヤフーでキーワード検索して自分のサイトに訪問した人数がわかります。

2.ダイレクト

ウェブブラウザのお気に入りからサイトに訪問、もしくはURLを直接打ち込んで訪問した人数がわかります。

3.リファーラル

リファーラルとは紹介のことです。あるサイトが自分のサイトを紹介してくれて、リンクを辿ってきたことがわかります。ちなみに紹介してくれたサイトの情報も見れます。

紹介してくれたサイトを参照サイトと呼びます。

4.ソーシャルメディア経由

フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどSNSで自分のサイトが紹介されて、自分のサイトにアクセスした人数がわかります。
どのSNSからのアクセスが多いのか?がわかります。

5.広告
Googleアドワーズやヤフーのスポンサードサーチなどリスティング広告で紹介され、アクセスした人数がわかります。

Googleアナリティクスでこれらの情報を知ることができます。

アクセスアップを考える場合、現状把握から始めます。
アクセスを集めている原因を探します。

自分のサイトはどこから1番多くのアクセスを集めているのか?を調べます。

1番多くのアクセスを集めているところを強化します。

例えばGoogleやヤフー検索のアクセスが多い場合は記事タイトルをアクセスが集まるタイトルにしたり、SNS経由からのアクセスが多いならSNSの更新頻度を上げるなどの対策がとれます。

反対にアクセスを集めていない経路があればそこを改善します。

まずは全体のアクセスの割合を知ることがおすすめです。

Googleアナリティクスの「集客」-「サマリー」でアクセス経路の割合を調べることができます。

1.検索エンジン経由

webooooo.comの約9割のアクセスが検索エンジン経由です。

SEO対策しているサイトは検索エンジン経由のアクセスが増えます。

検索エンジン経由は集客の9割を占めています。アクセスアップには検索エンジン対策が必要だということがわかります。

検索エンジン対策で一番大事な要素はタイトルにキーワードを入れることです。Googleのクローラーは、タイトルに書かれている文字を認識します。なので、タイトルに目標キーワードを入れることで検索エンジン経由でのアクセスを増やすことができます。

2.ダイレクト (お気に入り、URLを直接打ち込む)

お気に入りに登録している方がサイトを見に来てくれる状態。またはURLを直接打ち込んでサイトを見に来てくれている状態です。

お気に入りに登録されるにはどんなサイトにしたら良いか?を考えることがアクセスアップに繋がります。

3.リファーラル(参照サイト、あるサイトからリンクを辿ってきた)

あなたの記事を紹介したい!と思った人がサイトにリンクを張ってくれている状態です。

どんなサイトならリンク(紹介)をしてあげたいか?を考えることが大切です。

4.ソーシャルメディア経由

SNSは人が集まっている(人が時間を使っている)場所です。
人が多いSNSからのアクセスが期待できます。

ソーシャルメディアはバイラル(口こみ)が、起こりやすいメディアです。
話題を呼び拡散されると大きなアクセスが見込めます。

5.広告

広告経由でサイトに訪問した人数がわかります。

基本的に無料で集客したいのでSEO対策をオススメします。1度上位表示されると落ちにくいからです。

広告が上位表示されるのはやっているときだけ(お金を払っているときだけ)ですから。

まとめ

自サイトのアクセス経由を知ることがアクセスアップには大切です。

サイトの9割のアクセスが検索エンジン経由なのでSEO対策が重要です。

簡単なSEO対策はタイトルの決め方です。

タイトルが検索結果に反映されますので、目標キーワードは必ずタイトルに入れましょう。

コメント