SEO対策初心者の方向け Googleの考えを理解する

SEOとは

インターネットと言えば、GoogleやYahoo!等の検索サイトのことです。
検索サイトは私達の生活の一部になり、検索サイトを使わない人は少なくないと思います。

SEO対策とは、検索サイトの検索結果で目立つようにすることをSEO対策と言います。

たいていの人は検索結果で1番上に表示されたタイトルから見ていきます。
そして、この検索結果の順位を決めているのGoogleです。

2010年からYahoo!で検索しても、Googleで検索したときの検索結果とほぼ同じになりました。
これはYahoo!がGoogleの検索エンジンを使うようになったからです。
(それまでYahoo!はGoogleに頼らない独自の検索エンジンを使用していました。)

日本で使われてる9割の検索サイト(Yahoo!とGoogle)は、Googleの検索エンジンを使用しています。
ですので、SEO対策とはGoogle対策と言えます。

残り1割はマイクロソフトのBingという検索サイトです。

検索サイトに言葉を入力すれば、順位づけされたその言葉に関連する情報を一覧で表示しれくれるサービスです。
いつでも知りたい情報が手に入ります。

Yahoo!やGoogleなどの検索サイトの主な収入源は、広告です。
そのため、よりユーザーにとって便利で使いやすい、欲しい情報がすぐに手に入るようなサイトでなければいけません。
便利な検索サイトに多くの人が集まります。
広告を出す人は、そこに価値を感じGoogleアドワードやYahoo!の広告を出稿します。

反対に考えると、入力した言葉とまったく違う内容の検索結果だったらその検索サイトを誰が使いますか?
人気のない検索サイトに人は集まらず、広告を出す人が減ります。
誰も使わない検索サービスに誰が広告を掲載しますか?となります。

Googleは、検索するユーザーの立場になっていろいろな技術を取り入れて日々、検索エンジンを良い方向を改善しています。

Googleの考えは、検索する人が主役だということです。
小手先のSEOのテクニックでは、Googleで上位表示することは難しいです。

SEO対策の大前提は、Googleの考えを理解することが大切です。

関連記事一覧

PAGE TOP