SEOの内部対策だけで上位表示できるか?

SEO対策とは、内部対策と外部対策です。

これができれば、”SEO対策ができる”といって良いです。

では、内部対策とは何か?

簡単に説明すると、上位表示するためには、Googleのクローラーにわかりやすいサイト作りが必要になります。

外部対策は、リンクを集めることです。

SEO対策でやることは、この2つです。

内部対策

内部対策は、自分でできてしまいます。タイトルの調整、メタタグの調整、サイトの構成を見直す、オリジナルのコンテンツを用意する、内容の濃いページを用意する、人に役立つ情報を提供する等が内部対策になります。

人に役立ち、オリジナリティ溢れる内容のコンテンツなら、それだけで上位表示することができます。最近のGoogleのアルゴリズムは、賢くなりコンテンツの内容を読み取る能力が高くなったためです。

競合がたくさんいるキーワードでは、内部対策だけでは限界があります。

その限界を打ち破るのが、外部対策です。

外部対策

リンクをもらうことが外部対策です。一人の力では、上位表示できないことを意味しています。

では、どうすればリンクをしてくれるでしょうか?

自分に置き換えて考えたとき、どんなページならリンクを張ってもいいか?

私が考えるリンクを張りたいページは、役立つ情報を掲載しているページ、内容が濃いページ、最新の情報が載っているページ、人に教えたくなるページです。

つまり、内部対策でこれらの要件を満たすページを作成すれば、リンクが集まると考えています。

Googleが考える自然なリンクがこのことだと思います。

有料でリンクを買ったりすると、スパム扱いになり、検索結果からサイトが消えてしまいます。

不自然なリンクは、Googleのアルゴリズムによって感知され、インデックスからサイトを消してしまいます。

なので、絶対に有料でリンクを買う行為はやめておきましょう。

外部対策で、一番大切なことは、類似のサイトからのリンクをもらうことです。

まったく関係のないジャンルのサイトからリンクをもらうのと、あるテーマに関連したサイトからリンクをもらうのでは、サイトの評価が変わってきます。

今は、ページランクは廃止となりましたが、廃止になる前までは、ページランクが高いサイトからリンクをもらうことでサイトの評価が高くなり、検索順位も上がるとされていましたが、今でもその力が残っていると私は考えています。

ページランクが高いサイトからリンクをもらうこと、ドメインの運営期間が長いサイトからリンクをもらうこと、関連があるサイトからリンクをもらうことが外部対策で大切です。

リンクされる数が多いほど、サイトの評価が高くなり、上位表示できるようになります。

そして、リンクされるだけではなく、こちらからリンクをしてあげましょう。

相互に働きかけることで、素晴らしい結果につながります。

関連記事一覧

PAGE TOP