自転車の交通ルールが厳しくなりました。2015年6月1日より

ウェブ初心者向け

2015年6月1日より道路交通法が改正になり、自転車の運転手に対して取り締まりが強化されました。危険なルール違反を繰り返した運転者には「自転車運転者講習」の受講が義務付けられました。

3年以内に2回以上違反をすると、3時間の安全講習(手数料5700円)を受けなければなりません。もしこの安全講習を意図的に受けなかったり、忘れてたりするとどうなるか?
安全講習を受けるように命令を受けてから3ヶ月以内に受講しなかった場合には、5万円以下の罰金が科されます。(※2015年6月1日以降の違反行為が対象となります)

つまり、1回違反してしまうと、3年以内にもう1回違反すると安全講習(手数料5700円)を受講しないといけないということになります。

取り締まり対象者

14歳以上の運転者 (13歳以下は、取り締まりの対象にはなりません。)

どういう行為が違反に当たるのか 14項目

1.信号無視

2.通行禁止違反

自転車も、車両通行止めや一方通行などの通行規制に従わなければならない。
これらに違反した場合、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金の対象となる。

3.歩行者用道路徐行違反

自転車の通行が許された歩行者用道路を通る際は、必ず徐行をしなければならない。
歩行者用道路において徐行を越える速度で通行した場合、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金の対象となる。

4.通行区分違反

5.路側帯通行時の歩行者通行妨害

6.遮断踏切立入り

遮断機が下りた踏切への立ち入り

自転車は、踏切を通過する際は、踏切の直前で一時停止しなければならない。
また、遮断機が下りてるとき(下りている最中を含む。)や、踏切の警報機が鳴っているときは、踏切に入ってはならない。
これらに違反すると、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金の対象となる。

7.交差点安全進行義務違反等

交差点での優先道路通行車の妨害など

8.交差点優先車妨害等

交差点での右折車優先の妨害など

9.環状交差点の安全進行義務違反

10.指定場所一時不停止等

一時停止違反

【根拠規定】道路交通法第43条

【罰則】3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金等

11.歩道通行時の通行方法違反

歩道での歩行者の妨害

歩道を走行できるのは13歳未満のこどもと高齢者のみ。

12.ブレーキ不良自転車運転

ブレーキのない自転車運転

13.酒酔い運転

酒酔い運転をした自転車の運転者には、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金という重い刑罰が科せられます。

【根拠規定】道路交通法第65条

【罰則】5年以下の懲役又は100万円以下の罰金(酒酔い運転を行った場合等)等

14.安全運転義務違反

ハンドルやブレーキなどを確実に操作せず他人に危害をおよぼすような運転、夜間の無灯火走行、傘をさしたままの運転、イヤホンで音楽を聞きながらの運転、並走して友達とお話しながらの運転、スマートフォンなどを操作しながらの運転、手放し運転や道路の逆走などが危険運転の事例です。

■他の自転車との並進の禁止

【根拠規定】道路交通法第19条、第63条の5

【罰則】2万円以下の罰金又は科料

■夜間のライトの不点灯

【根拠規定】道路交通法第52条、第63条の9、道路交通法施行令第18条、道路交通法施行規則第9条の4、都道府県公安委員会規則

【罰則】5万円以下の罰金等

■片手運転の禁止

【根拠規定】道路交通法第70条、第71条、都道府県公安委員会規則

【罰則】3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金等

■2人乗りの禁止

【根拠規定】道路交通法第55条、第57条、都道府県公安委員会規則

【罰則】5万円以下の罰金等

■自転車による右側通行禁止

【根拠規定】道路交通法第17条、第17条の2、第18条、第20条、第63条の3

【罰則】3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

さすべえ(傘をハンドルに固定するための器具はどうなるか)

さすべえ自体に違法性ありませんが、安全上好ましくないという状態です。(グレーな部分)

理由は、傘を開いた状態では、60センチを越えるため。さらに、鋭利な突起物があるため。

傘を広げると幅が60センチを越えると思います。人に危害を加える可能性がある突起物(骨組みの先端)があります。

自転車安全講習

講習時間

3時間

講習手数料(標準額)

5,700円(都道府県条例で別途定められる)

安全講習は義務です。

内容は、安全講習用のビデオを観たり、座学、最後に感想文やテストなどもあります。

車道を走る自転車の扱い

自転車とは、道路交通法上は【軽車両】という区分に位置付られています。

軽車両とは自転車:二輪自転車、三輪自転車、側車付二輪自転車等です。

軽車両ではないものには、車いすがあります。

参考サイト

自転車の道路交通法(交通ルール)
http://law.jablaw.org/Penal_Regulations

コメント