仮想通貨を知っているか知らないかで得する人/損する人

仮想通貨

ビットコインなど仮想通貨で、億を稼いだ人を
”億り人”と言われています。

普通のサラリーマンが億を手にすることがあり、
世の中の流れが変わりつつあります。

そして、気づいていない人が多いですが、
仮想通貨により、富の移動が行われています。

というのも、仮想通貨の誕生により
日本円の価値が下がっているように見えるからです。

高齢者は年金やこれまで貯めてきた
日本円の資産があります。

それに比べ、アルバイトや
働きだした若者や30台のサラリーマンは
大企業に勤めていない限り、
日本円をあまり持っていません。

その中にも、仮想通貨の価値を知って
日本円と仮想通貨を交換した人は、
ビットコインなど通貨の価値の値上がりと
ともに、資産を増やしています。

銀行に日本円を預けていても
金利は限りなく少なく、
ATMなどの手数料で、
金利分はすぐに消費してしまいます。

銀行にお金を置いてもお金は増えません。
日本円を仮想通貨に交換して
持っておくだけで、価値が上がります。

仮想通貨はFXや株よりも儲かると
個人的には思います。

なぜなら、今後の仮想通貨の市場は、
上がりますから。

いま、世の中に流れている法定通貨は
6000兆円と言われています。

6000兆の市場規模を仮想通貨が
じわじわとシェアを奪っていきます。

仮想通貨の市場規模は3000兆になると
言われています。

2018年9月現在、仮想通貨の市場規模は
20兆円なので、今後、市場規模が
大きくなることは、目に見えています。

なので、

銀行に預金するより、
仮想通貨に投資した方がいいです。

銀行預金の金利は0.001%です。
100万円預けていても、利子は1000円です。

ATMの手数料で利子は消えてしまいます。

銀行に預けている使わないお金は、
仮想通貨に両替して持っておく
だけで、増える可能性があります。

短期的には減る可能性もありますが、
仮想通貨は基本的には3年、5年と
中長期的にホールドするものです。

仮想通貨の市場規模拡大に伴い、
仮想通貨の価格はあがります。

銀行に眠っているお金を仮想通貨に両替して、
お金に働いてもらいましょう。

私の経験で、仮想通貨取引所の
コインチェックで買える
リスクという仮想通貨で、
利益をあげることができました。

お金を置く場所によって何もしないで、
お金が増えることを体感しました。

こんなに簡単にお金が増えるなんて。

お金の置場所を変えるだけで、
利益をあげることができるのです。

では、どの仮想通貨を購入すればいいのか?
はじめは、わからないと思います。

仮想通貨の種類は2000種類くらいあります。

その中から今後、値上がりする通貨を見極めるには、
仮想通貨の知識をつける必要があります。

知識さえあれば、自分が投資した通貨に対して
自信が持てます。

今の時代、仮想通貨の知識があれば、
億万長者も夢ではない時代です。

ある仮想通貨における調査では、
すべての仮想通貨の取引で、
ドルやユーロ、円などの法定通貨が
仮想通貨に交換された通貨の割合を
調べたところは、ドルやユーロよりも
日本円が40%と1番多く、
仮想通貨と交換されていることが
わかりました。

仮想通貨をたくさん持っているのが
日本人なんです。

日本人で、円をビットコインなど
仮想通貨に交換した人口は、日本国民の5%です。

つまり、今後日本国民の10%。20%
と増えていけば、

市場規模が大きくなる=1コインあたりの価格が上がる

ということです。

なので、仮想通貨の知識をつけることが
資産を増やす方法なのです。

まだ、仮想通貨の可能性に気づいてる人は、
日本国民の5%しかいません。

今から勉強しても、まだまだ間に合いますね。

仮想通貨はこれからのテクノロジーですので。

仮想通貨
スポンサーリンク
adminをフォローする
WEBコンサルティング 大阪 webooooo SEO対策の情報を発信中

コメント