【保存版】ビットコインと仮想通貨の基本がわかるレポート公開中

仮想通貨

ビットコインとは

800種類以上ある暗号通貨の中の一種。時価総額トップの暗号通貨です。
また、普通のお金は200種類もありません。

ビットコインは、暗号通貨世界の基軸通貨です。普通のお金の世界では、米ドルが基軸通貨です。なぜ、ビットコインが基軸通貨になっているのかは、最初にできた暗号通貨だからです。

ビットコインの価値が上がる理由

ビットコインの価値が上がる理由は、発行枚数が決まっているからです。
その量は、2100万枚です。

金の埋蔵量は、決まっているので、じわじわと金の価格が上がっています。それと同じで、ビットコインに需要があれば、上がっていきます。

現在ビットコインは何枚発行されているか?

2017年7月24日時点で、約1640万枚発行されています。

これから、500万枚が100年ほどかけて発行され、2100万枚に到達する予定です。現在の発行枚数を知るには、ビットコイン相場in日本というサイトで、発行枚数を調べることができます。

*ビットコイン相場in日本
http://ビットコイン相場.com/

7年で1600万枚も発行されたのに、500万枚を発行するのに、あと100年掛かるのは不思議ですね。

ビットコインの発行速度には、半減期という発行枚数が減少していく設計により遅くなります。

最初はたくさん発行して普及させて、普及した後に、需要が出てきたら、
発行枚数を減らし、発行枚数が減っていくことでさらに価値を高めていくということです。

今のうちにビットコインを保有しておきたいですね。

ブロックチェーンは改ざんされにくい仕組みである

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、取引履歴が格納されたブロックが、チェーン状につながったものです。

過去の取引データがチェーンのように繋がっているので、過去の履歴を改ざんしないといけないので、改ざんは、ほぼ不可能なシステムです。

ブロックは下記のサイトから確認できます。
https://chainflyer.bitflyer.jp/

ブロックチェーンはなぜ改ざんできないのか

すべての情報が集まっている中央集権の銀行のデータを改ざんする場合、その銀行のシステムにたいして、ハッキングし、データを改ざんすれば、改ざん可能です。

それに対して、ビットコインなどの仮想通貨のブロックチェーンは、分散管理型で、個人間取引を成立させます。つまり、銀行を通さずに送金ができます。その送金情報「取引情報」が、分散されている全てのシステムに伝達されていきます。

どれか一つをハッキングしても、ほかの場所と情報が異なるので、そのハッキングして改ざんしたデータは、承認されず、盗むことができないシステムなのです。

ビットコインの魅力

送金手数料の優位性

ビットコインが普及している要因は?
海外への送金手数料が安いからです。海外へ送金するときに、手数料が明確なものがなく、海外送金する際の手数料がバカになりません。

楽天銀行は、750円、ゆうちょ銀行は2500円、りそな銀行は6000円かかります。(海外への送金手数料って高いです)

手数料とは、銀行に対して支払われるものですので、銀行から銀行へと、手数料がかかります。複数の銀行を経由すると、その分手数料が上がります。

この複数の銀行を経由しなくても、送金できるのが、ビットコインなのです。その手数料は、数十円。海外への送金は、ビットコインで行うことで得することができます。

送金速度(早い)

早く送れる海外送金でも、着金までに3日から5日掛かります。しかし、ビットコインなら瞬時に送金することができます。ネットさえつながる環境ならお金を送ることができる時代になりました。

海外旅行中に、財布を落としても、日本からビットコインを送金してもらえれば、すぐにビットコインを利用することができます。
お金がなくて、困ることはなくなります。送金が早いととても便利ですね。

ビットコインが普及するに伴って、今までの1ブロックあたりの取引量の容量が少なくなってきています。その分時間がかかるということです。
ビットコインが普及してみんなが使用することになると、処理が遅くなります。
それを回避するため、1ブロックに入れることができる取引量を多くする技術が採用されましたが、マイナー達の意見が対立し、方針が別れている状態をビットコインの分裂を言います。

つまり、今までの取引情報を踏襲して、ブロックチェーンをするか新しい規格で始めるかといった対立です。

分裂は、回避したという報道もありましたが、真相はまだわからない状態です。(2017年8月1日にビットコインキャッシュに分裂しました。)

ひとついえることは、1ビットコインの取引量を上げるための技術は、採用されるということです。

そして、マイニングの速度を上げることができるシステムを利用している人としていないマイナーとの対立があり、取引量を上げるための技術を採用すると、そのマイニングの速度を上げるシステムが対応していないことがあり、反対しているマイナーがいるということです。

マイニングの速度を上げるシステムに対応した、取引量を上げるための技術が採用されたので、半年間は、その技術が採用されるということみたいです。

今後、ビットコインの価値は、どんどん上がると予想されます。
発行量が2100万枚なので。

さらに進化しながら、2100万枚の上限に達すると思います。
その時のビットコインの価値は?

セキュリティソフトのマカフィーの創業者は、3年以内に、ビットコインが500,000ドルになるといっています。未来はどうなるか誰にもわかりません。真相もわかかりませんが、期待してビットコインを保有していても、損はなさそうですね。

ビットコインのメリット

銀行を介さず、個人同士で直接取引できること、海外送金や振込の手数料が安く抑えられることです。24時間どこの国でも使用できる点がメリットです。

ビットコインの送金

ビットコインや仮想通貨メリットでもある送金の手数料が安いということ。そして、24時間365日いつでも、世界中のどこへにでも、非常に安い送金手数料で、匿名で安全にお金を送金することができます。

お金をメールのように、個人から個人に送ることができるのです。

日本の銀行口座から銀行口座までの国内送金は、3時までに手続きをしたら、その日に届きます。手数料は数百円です。

日本は便利な国です。仮想通貨が爆速で普及しないのはこのような便利さからもあるでしょう。

アメリカの場合は、ニューヨークからロサンゼルスにお金を送ると、ロサンゼルスに着金するには、早くても3日くらいかかります。手数料は2千円くらちかかります。

暗号通貨を使用した場合、ほぼ0円で、一瞬にお金を送れてしまいます。

日本では、今の銀行が便利なので、普及しにくいですが、アメリカのように、コストや時間が掛かる場合に、ビットコインなどの仮想通貨は、役に立ちます。だから、普及しやすいと言えます。

仮想通貨に消費税は掛かるのか?

今まで、仮想通貨はモノとして扱われていましたが、2017年より日本で通貨として扱われることになります。通貨として法律で認められたので、消費税はかからなくなりました。

法律に守られることで、ビットコインや仮想通貨に対しての信頼度は上がっているという証拠です。法が施行され、取引所も登録制になりました。

今後、仮想通貨の流通が減ることはなく、文明は便利なものへと流れていきます。

人は、便利なものから不便なものに戻れなくなります。
仮想通貨が国が通貨として認めた以上、国からの信用があるということです。

マイニングの種類 POWとPOS

マイニングの重要な概念

ビットコインや仮想通貨のマイニングにも、種類があることをご存知でしょうか?代表的なものが、POW(プルーフオブワーク)とPOS(プルーフオブステーク)があります。

POW(プルーフオブワーク)

演算が一番早くできた人に権利を与える仕組みです。計算が一番早くできた人がブロックをマイニング成功したことになります。

マイニングの報酬は、2017年7月時点で12.5ビットコインと、そのブロックに収められている取引に掛かった送金手数料が支払われることになっています。

送金手数料は下記のサイトからご覧いただけます。
チェーンフライヤー

報酬で支払われる12.5ビットコインが、市場に出ていないビットコインとして市場に出ていきます。ビットコインの発行枚数は、2100万ビットコインと決まっています。

2100万ビットコインが出てしまったら、採掘者(計算する人達)は、マイニングしなくなると思いますが、新たに発行するコインだけではなくブロックに収められている送金手数料も報酬になっています。送金手数料が大きくなるようにできています。

世界中のマイナーが、世界で行われた1ブロック10分間の取引情報の暗号解読競争をしています。
演算処理は、10の20乗回も計算します。桁でいうと、京のさらに上の【垓〈がい〉】です。

POS(プルーフオブステーク)

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)の代替システムにあたります。コインを持っている割合で、ブロックの承認の割合を決めることを基本としています。POWの欠点を補うイメージです。

Powの欠点は、セキュリティを維持するために長期的な電気代等の取引手数料が掛かることと、マイニングの中央集権化と、企業支配傾向の増加などがあります。

Posは、Powマイニングにおいて発生する運用コストを排除することが大きなメリットです。

ビットコインの半減期 ブロックチェーンの仕組みとは?

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、世界中の取引を記録する技術です。改ざんがとても難しく、安全な仕組みです。ブロックチェーンのシステムが中央機関の役割を自動化しています。

中央集権と非中央集権

取引データを正しいと承認する必要があり、本来は、銀行がその役割を担っています。中央集権と呼びます。

しかし、ブロックチェーンの仕組みでは、銀行の力を借りずに、1対1での取引が可能です。銀行など金融機関を通さないことを非中央集権や分散管理と呼びます。

スーパーコンピューターを使って、取引に不正がないかチェックする人達がいます。チェックすることで報酬を得ることができるからです。報酬は、暗号通貨でもらえます。

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)と呼ばれる方式です。これには、欠点があり、暗号の英数字をコンピューターで演算計算を行います。とても電気を消耗するのです。承認する作業をマイニングと呼びます。

仕組み

ビットコインは、1つのブロックに10分間の世界中の取引を記録しています。1つブロックにつき、報酬が貰える仕組みです。ブロックは、10分が経過すると、次のブロックと10分経過ごとに、ブロックがチェーン状につなっていきます。

半減期 マイニングの報酬は下がっている

2016年7月頃まで25ビットコインがマイニングの報酬でした。

2016年7月の1ビットコインの価格は、6万円くらいでしたので、150万円の報酬が、10分ごとに演算計算でマイニングした人に配られています。

ビットコインには、半減期と呼ばれるものがあり、報酬が半分になりました。2016年7月以降は、12.5ビットコインです。

システムが自動配布しているマイニングの報酬

「半減期」は、取引が記録されたブロックの生成数により設定されています。基本的にビットコインが市場に多く配布されれば、ビットコイン自体の価値が上昇します。

価値があるから、それに応じて報酬の量も合わせているということですね。半減期があるということは、取引記録のブロックがたくさん使われていて、ビットコインが普及していることを意味しています。

次回の半減期を知るには、下記のサイトで見れます。
ビットコイン時計 http:// bitcoinclock. com/

2020-06-20 22:03:38 となっていますね。(2017年6月28日現在)

半減期は正確な時間が決まっているわけではなく、210,000ブロックが生成されるごとに半減期を迎えます。

ビットフライヤー
https://bitflyer.jp/ja/glossary/halving

ブロックチェーンの安全性

ハッキングして、1部分を改ざんしようとしても、過去の取引のブロックのチェーンをさかのぼってすべてのブロックを書き換えなければなりません。

暗号解読競争でも、世界中にいる採掘者の全員に勝たなければなりません。そんな技術ですから、改ざんするには、とても苦労がいるしくみです。だからブロックチェーンは安全です。

仮想通貨はすべてが非中央集権なのか?

仮想通貨は、分散型だから管理者いなくても大丈夫なシステムという認識があります。

中央集権とは、銀行などの管理者がいて、通貨の発行を行ったり、管理したりするシステムのことを指します。ビットコインは分散型で管理者不在の仮想通貨です。管理者がいるということは、コントロールされるということになります。

資産総額ランキング2位のイーサリアムや3位のリップルはどちらかというと中央集権に近いです。

昨年、問題になった
THE DAO(自律分散型投資ファンド)の盗難事件の時も、イーサリアムファウンデーションが対応をしたということは、中央集権に近く、完全なる分散型になるまでに時間がかかります。

リップルは、1000億XRPの総発行量の大半をリップルラボが保有し、市場に出回る量をコントロールしています。今は、凍結している状態です。
リップルは今後、注目すべき仮想通貨です。
Googleが出資したり、SBIが出資したり、三菱UFJ銀行の独自通貨とドルや円などの通貨を交換する際に、リップルを使い交換します。つまり、需要がある仮想通貨なのです。

リップルが買える取引所は、コインチェックがオススメです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ビットコインの次回の半減期は2020年

ビットコインの半減期

ビットコインのマイニング報酬には、半減期というものがあります。
マイニングの報酬が半分に減るということです。

現在は、マイニングの報酬は、12,5ビットコインです。2016年7月の半減期が来るまでは、報酬額は25ビットコインでした。

次回の半減期は、2020年がそうだと言われています。マイニング報酬が6,25ビットコインになります。

半減期のルール

半減期のルールは、21万ブロックごとに訪れることになっています。
1ブロックが10分ですので、1日当たり約144ブロックです。21万個のブロックができるのに、1458日必要です。約4年に1度半減期が訪れることになります。

現在のブロック数は下記のサイトから確認できます。
ビットコイン相場IN日本

マウントゴックス事件 取引所がハッキングされた事件

マウントゴックス事件

マウスゴックス社は、2014年2月当時世界最大のビットコイン取引所でした。そこの取引所のビットコインが盗まれた事件がありました。

日本には、当時ビットコインの存在を詳しく知ってる人は、少なかったので、マントゴックス社が破綻したことをビットコインが破綻したという認識が広まりビットコインは怪しいという印象を持つ人が増えました。

ビットコインのシステム事態は、破綻することなく、取引所が盗難にあい、破綻したということです。

ビットコインが破綻する場合は、世界中の電気が使えなくなる限りはありえないことです。ビットコインは今後、世界を変える通貨であることは、間違いありません。

ビットコインの分裂騒動 取引所の入出金停止

ビットコインを扱う日本の主な取引所は、2017年7月23日に、ビットコインの受け入れや引き出しを一時停止しました。これは、利用者の資産を守るための対処法です。

ビットコインのシステムの処理能力向上させるために世界的な規格変更があります。1ブロックに入る取引データを引き上げるなどの変更です。

その影響で、取引記録に混乱が生じる恐れがあるため日本の取引所は、停止の対応を取りました。

送金コストが低い仮想通貨は有望な次世代技術とされる半面、中央銀行のような一元的な管理機関のない点がサービスの制限につながった原因です。

大きな障害は当面回避と思われますが、今後どうなるかは、まだ不透明なままで、ビットコインの国内普及の逆風になるかもしれません。

今回の事態は、下記のサイトで解説されています。

JBA ビットコインの動向に関する当協会の見解
http://jba-web.jp/archives/20170722bitcoin_statement

ビットコイン投資の種類

長期保有でキャピタルゲインを狙う

キャピタルゲインとは、保有している資産を売却することによって得られる売買差益のことです。

ビットコインが出てきた時の価値と今の価値では120万倍です。
イーサリアムでは90倍に価値が上がっています。

将来的に、お金の生産性の高い暗号通貨は、世界中に広がると予測されてます。持っているだけで、みんなが欲しい状態、つまり価値が上がる見込みがあります。ビットコイン、イーサリアムがメジャーです。

現在、暗号通貨は800種類くらいあるといわれています。
信頼できるのは、人気20位くらいまです。人気20位は、市場に定着しているので大丈夫でしょう。それより下の暗号通貨は、価値が上がる見込みは多くはないでしょう。

暗号通貨を作るには、知識を持ったプログラマ―なら作れてしまいます。
暗号通貨は、ビットコインだけではないということです。

ビットコインは、送金の手数料が安くて早いということですが、それ以外の理由で、暗号通貨を持つ必要があります。
その送金以外の”価値”を見つけ出して、長期保有して、キャピタルゲインを狙えば利益を出すことができます。

暗号通貨のシェア率は、ビットコインが全体の4割程、イーサリアムが3割です。

短期トレードを行う

暗号通貨で稼ぐ方法として、短期トレードがあります。

どういうことかと言うと、ビットコインの価格が下がったときに購入、価格が上がったときに日本円に交換すると利益が出ます。

未公開暗号通貨投資

未公開の暗号通貨に投資することで、その暗号通貨の価値が上がったときに売却する方法です。一種のギャンブルに近い投資方法です。

ハイリスクハイリターンを狙う方法です。

ビットコインは、120万倍の価値になりました。初期に持っていた人は、今頃大金持ちですね。

価値が上がる暗号通貨を見分ける方法

未公開の暗号通貨の場合、市場への公開日に向けてプレセールされるのが一般的です。プレセールも、いくつかのセクションごとに分けられます。

第一期は1月~3月、第二期は4月~6月、第三期は7月~9月、第四期は10月~12月。

そして、12月に市場に公開といった具合にプレセール時期を設定します。1月や2月が早い時期なので、安く買えます。

早めに購入しておくと、価値が上がるから得です。
ただし、第四期の価格が、第一期の価格2倍以上なら詐欺の可能性が高いです。

市場に出るまでは、販売者が価格を自由に操作できます。市場に出てしまえば、価格操作はできません。使う人が多ければ価値があがり、少なければ価値は下がるのです。

プレセールで、2倍に上がった暗号通貨。市場に公開した直後にどういうことが起こるか想像すると、価値2倍なので、すぐに円と交換しようと考えます。誰もが。

つまり、みんなが売る価値が低いものを誰が購入するのか?という視点が必要です。現在世界で2番目に流通しているイーサリアムは、プレセールのときに1.7倍になりました。

代表的な暗号通貨でも1.7倍しか上がっていないのに、身元もわからない暗号通貨が2倍になることはないでしょう。

仮想通貨は分散投資した方がいい

仮想通貨の原理

仮想通貨を最近知った人は、1つの仮想通貨に投資用資産をかける人もいます。

でも、まだまだ仮想通貨は、これからの世界なので、明日何があるかわからない世界です。

ビットコインの分裂問題で、価格が一時暴落していましたが、2017年7月21日現在、分裂問題を回避できそうなので、ビットコインの価格が30万円を越え、高騰しました。(2017年8月1日にビットコインキャッシュに分裂しました。)価格の上下が激しいです。

仮想通貨の世界にかかわらず投資の世界は、「分散投資」というのが基本です。欲張って一点集中してしまったがために、稼げたと思った瞬間にすべてを失ってしまう人が少なくありません。

どれだけ価格が上がり、信頼できそうなものでも、油断してはいけません。分散することのメリットは、一つダメでも他でカバーすることにあります。

一つ一つのリスクは変わりませんが、全体としてのリスクを低減していくことが目的です。

複利を使い、毎年のように資産を増やしていければ数年でとんでもない数字になります。成功を急がず、確実に資産を増やすことが大切です。

仮想通貨の稼ぎ方の種類

仮想通貨の稼ぎ方の種類

仮想通貨で稼ぐ方法は、ビットコインや仮想通貨を保持して、高くなったら売る方法と、FXのようにビットコインや仮想通貨の取引で稼ぐ方法が現実的です。

ビットコインは、まだまだ価格変動が激しいので、安いときに買って、高くなったら売るという方法で稼ぐことは可能です。

掛け金が多いほど、利益は高くなり、掛け金が少ないと、手数料で、
利益が少なくなるということが起こります。

ビットコインは、発行量が決まっているので、
今後価値はさらに高くなるとも言われています。

ビットコインを購入する際は、ドルコスト平均法をお勧めします。
ドルコスト平均法とは、毎月一定額を積み立てていく購入方法です。
積み立てる期間は、一か月単位でも週単位でも構いません。

大切なことは、一定間隔で、ビットコインを購入していくことです。
今が最安値だと思っても、そこからさらに下がることがあります。

感情的になるのを抑える効果があるドルコスト平均法は、機械的に、購入時期が来たら、買うというルール決めのようなものですので、
感情に流される心配はありません。

これは、ビットコインの価値が右肩上がりに上がっていくという前提で資産をビットコインに両替しているということです。ビットコインだからできることです。

ビットコインは、1コイン現在価値で、28万円ほどです。これがさらに上がり続けると予想する人がいます。ビットコインは、1コインからしか購入できないとと思っている人が多いですが、小数点での購入が可能です。

仮想通貨の取引所のコインチェックは、ビットコインを小数点での購入ができます。0.1ビットコインという指定ができます。
500円からビットコインが買えます。

ビットコイン価格は、仮想通貨の基準となる印象です

今のうちからビットコインを保有する方がいいような気がします。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ビットコインFXで稼げるか?

ビットコインFXで稼ぐ

ビットコインの価格は、毎日上がったり、下がったりしています。価格変動があります。

この価格変動を利用して、レバレッジをかけて、儲ける方法があります。

自分が持っているビットコインが、1ビットコインだった場合でも、レバレッジをかけて20倍の取引も可能です。

つまり、資金が20万円しかなくても400万円の取引ができますので利益が出れば大きく稼ぐことができます。

今までに円やドルなどのフィアット通貨でFXをしてきた人たちから見ると、ビットコインは変動の度合いが高すぎて、リスクが高いです。
ビットコインで儲けるには、相当な判断力と情報収集が必要です。

2017年8月1日にビットコインの分裂がありますので、6月の仮想通貨バブルと呼ばれる状態から比較すると、ビットコインの価格が急激に下がりました。

ビットコインFXで、レバレッジ20倍で、掛けていたら、損切りなしでは、資産がかなり減少したと思います。

投資は、本来の価値より、下がったら買い、本来の価値以上になれば売れば良いという原理があります。

取引市場の参加プレイヤーの心理を考えることも必要で、ビットコインや仮想通貨で決済できるお店が増えていると言ってもまだ、少ない現在では、今、仮想通貨を買う人は、「儲けたい」という気持ちです。

購入した時の金額より高くなったら売りますから、市場に出回る量が増えれば価格が下がります。みんな売りたいと思うからです。
そうやって相場が動いています。

ビットコインや仮想通貨は、ちょっとしたニュースでも敏感に反応します。中には、偽ニュース、デマが出回ったりします。

あらゆる情報から、相場を読むという、判断力が投資には必要です。

ビットコインのマイニングで稼ぐことは可能か?

マイニングで稼ぐ

結論からいうと、日本の個人がマイニングで稼ぐことは、できないでしょう。

今や、中国の安い電気代、スーパーコンピューターで膨大な演算処理を行い、マイニングしています。

マイニングとは、採掘のことで、ブロックチェーンと呼ばれる、10分間の世界中の取引を1ブロックあり、それらが正しいかどうかを演算処理することです。

マイニングに成功すれば、今なら12.5ビットコインが報酬として、マイナーと呼ばれる、採掘者に与えられます。

現在では、ビットコインの価格が高騰したこともありマイニングしたい人が増えすぎました。素人が参加して稼げることなくなっています。

どうしても、マイニングしたい場合は、海外のマイニング会社に権利を購入という形で参加できますが、儲かりません。
ビットコイン以外の仮想通貨なら、自宅のパソコンでもマイニングできるものもありますが、マイニングは、競争が伴うので、プロに勝たなくていけないので、素人では太刀打ちできないでしょう。

コメント