会話ができない部下の教育方法

思考

部下から突然メールが来たが
結局何がいいたいのかわからないので
自分から確認しないといけない…

「この案件はいつ仕上がる?」と聞くと
返ってくる答えは「今やってます」という
的を射ない答え…

こんな経験ありませんか?

報連相という言葉を鵜呑みにして
自分でろくに考えもせず
とりあえず報告。
とりあえず連絡。
とりあえず相談。

彼らは無自覚にあなたの時間を
奪っています。

コミュニケーションのとり方が
全くわかっていないからです。

もちろん、
このようなコミュニケーション能力不足は
自発的に改善するものではありません。

この問題の解決策として、
『世界一シビアな社長力養成講座』で
ダンケネディはこのようにいっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
私に連絡したいときは、
メールではなくファックスで
書き送ってくるように伝えている。

また、何か問題があったときは
基本的な情報と問題に対する
解決策を最低3つ、文書で用意させる。

紙に書くことでじっくり考えて
首尾一貫した文章を書くからだ。

これでひとまず、
部下が叫びながら自分のオフィスに
飛び込んでくることもないし、

理解不能なメールを送りつけてくることも
なくなる。

さらに、
部下はあなたに問題解決を任せる前に
考えざるを得なくなる。
彼が優秀な人間なら、
自力で解決してしまうはずだ。

もし、問題について
話し合わなくてはならない場合でも、
一度会話するだけで済む。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

このように、ダンケネディは
クライアントや部下を教育して
彼らに自分で解決させる習慣を
つけさせていたんですね。

あなたの部下の
コミュニケーション能力に問題があるなら、
問題があったときには文書を用意させ、
徐々に口頭でもきちんとコミュニケーションを
取れるように教育してみては
どうでしょうか?

これであなたの時間が
不用意に奪われることは
なくなるでしょうし、

部下はあなたに相談する前に
自分で考える習慣がつくので、
一人で問題を解決できるようになるでしょう。

『世界一シビアな社長力養成講座』では
他にも、

・稼ぐ社員を育てるシンプルな方法
・部下のモチベーションの上げ方
・ムダのない会議の開き方

など、、、

社員が勝手に売上を稼ぐシステムを
公開しています。

もしあなたが
時間を奪い
給料を奪い
自由を奪う社員を

情け容赦なく
利益だけを上げる社員にしたいなら、、、
この本を手にとってみてください。

世界一シビアな社長力養成講座

コメント