色の印象を言葉で表現する方法【デザイナー必見】

人間は色によって感情が変化します。

白黒写真よりもカラー写真の方が見ている人に伝わります。

色が人にどんな影響を与えるのかを知っていて人に説明することができます。

説得力があるプレゼンをするために役立つ色が人に与える印象をまとめました。

参考にしてくださいね(^O^)

レッド

強い、めでたい、活動的、力強い、刺激、生命力、情熱
レッド

ピンク

可愛らしい、安らぎ、優しい、温厚、幸福、ロマンティック、若さ、甘さ、やわらかさ
ピンク

オレンジ

にぎやかさ、フレッシュ、温もり、太陽、暖かさ、健康
オレンジ

イエロー

光、活動的、軽快、エネルギー、希望、月、明るさ
バナナ

グリーン

自然、リフレッシュ、平和、健康、森林、安全、さわやか、新鮮
グリーン

ブルー

清涼、爽やか、清潔、水、空、海、静寂、落ち着き、クリア
ブルー

パープル

優雅、上品、神秘的、古典、伝統、幻想的、知性、気品、京都
パープル

ブラウン

落ち着き、安定、素朴、質素、堅実、ぬくもり
ブラウン

ブラック

力強さ、気品、高級、厳粛、重厚感
ブラック

グレイ

シャープ、洗練、大人っぽい、落ち着き
グレイ

ホワイト

清楚、純粋、清潔、シンプル、完璧
ホワイト

いかがでしたか?

色が持つ印象を言葉で表すことは難しいですが、印象を知っているだけで色の使い方の参考になるはずです。

例えば、清楚なイメージを表したいから白色を使ったデザインする。

人に説明するとき、説得力がアップします。

この色を使った理由は、清楚なイメージを見ている人に感じてほしいから、ここに白色の配色を選びました。など説明することができます。

デザインは感性も大切ですが、論理的に説明する力も必要になります。

関連記事一覧

  1. お名前ドットコム
PAGE TOP