次世代暗号通貨 イーサリアムの価値

イーサリアムとは

現在、ビットコインの流通量は、ビットコインが1位で、2位がイーサリアムです。暗号通貨は全部で1200種類あります。

ビットコインにより、いままでの中央機関を通さずにお金のやり取りができるようになりました。インターネット上で個々に取引ができるということです。

ハッキングされれば、取引データの改ざんなどが行われてしまいますが、ビットコインには、強力なセキュリティで改ざんが難しいシステムになっています。

中央集権では、管理に莫大な費用が掛かりますが、非中央集権化が実現できれば、大幅に管理コストをカットすることができます。

イーサリアムのに「スマートコントラクト」とは?

スマートコントラクトをブロックチェーンの中に組み込んだイーサリアム。

スマートコントラクトとは、簡単にいうと契約の自動化です。
未来に発生する費用を、仮想通貨で管理できる仕組みです。

例えば、スマホからお金を振り込むができます。

会議室のコンセントにQRコードがあり、10分なら10分間使用できます。
OQコードをスマホに読み取ることで、電気が利用できます。10分以上使用しようとする8と、電源は切れてしまいます。8分しか使用しなかった場合は、残りの2分の料金が返却されます。

このような仕組みをブロックチェーンの上に追加した機能をスマートコントラクトといいます。

今後、未来で自動運転車が登場して、イーサリアムでの支払いの場合、このような時間分走行してくれるでしょう。時間が過ぎると、脇道に止めて、自動車は運転をやめます。

決済システムを導入する必要があるところ、イーサリアムでは、その必要がないところが魅力です。

つまり、車を1台購入するだけで、完全自動なビジネスが開始できることを意味しています。

関連記事一覧

PAGE TOP