Google web fontsの使い方

Google web fontsとは

Googleが無償で提供する「Webフォント」のことです。
誰でも利用することが可能です。

特徴

・Googleアカウント登録の必要無し
・商用・非商用ともに無償で利用が可能
・CSS3の技術である

Webフォントとは

通常、Webサイトを閲覧する時は、パソコンにインストールされている
フォントが表示されます。
閲覧者のパソコンにフォントがインストールされていない場合、
制作者のデザイン通りのフォントが表示できない問題がありました。
Webフォントの登場により、それらの問題を解決できるようになりました。

Google web fonts

http://www.google.com/fonts/

使い方

1.Google web fontsからフォントを選択

Google web fontsから好きなフォントを選択してください。

2.Quick-use をクリック

使用したいフォントが決定したら、画面の赤枠のアイコンをクリックしてください。

Google Fonts

3.使用するフォントにチェックする

フォントの太さや、斜め文字など、使用したいフォントにチェックをしてください。

Google Fonts

4.HTMLコードをコピー

WEBフォントを適応させたいホームページの<head>から</head>の間に、
コピーしたコードをペーストしてください。

Google Fonts(

5.CSSをコピー

WEBフォントを適応させたいホームページのスタイルシートに、
コピーしたコードをペーストしてください。
※ペーストする場所は、WEBフォントを適応したいタグやclassやidにペーストしてください。

Google Fonts

以上で、Google web fontsが利用できます。

Googleのサーバーに置いてある外部ファイルを読み込み、
自分のサイトにWEBフォントを表示する仕組みです。

はじめは、どうやってやるかわからいと思いますが、
一度、WEBフォントを設置すると、簡単に自分の好きなフォントを
WEBサイトで使用することが出来ます。

関連記事一覧

  1. nexus7
PAGE TOP