iCloudフォトライブラリ(β版)のonにした場合とoffにした場合 アルバムでの表示の違いについて

iOS8.1から、iCloudフォトライブラリ(β版)が使用できるようになりました。

iCloudフォトライブラリ(β版) とは

iPhoneやiPadの写真データをすべてiCloudに自動アップロードし、
同じApple IDでログインした他のiPhoneやiPadやパソコンのブラウザを利用して
閲覧とダウンロードができるサービスです。

iCloudフォトライブラリを有効にすると、パソコンやタブレットなどで、
ブラウザを使用して、写真や動画が閲覧とダウンロードができるようになります。
パソコンでiCloudにログインすることで、写真と動画を見ることができます。
https://www.icloud.com/

iCloud 写真

ドロップボックスやGoogleドライブなどのオンラインストレージと同じく、クラウドサービスですが、こちらは、写真と動画のみ保存できるオンラインストレージです。ご利用には、iCloudの容量を使用します。無料で利用できるのは、5GBまで。5GB以上使用する場合には、有料プランに申し込みをすることで、ストレージの容量を増量することが可能です。

iCloud有料プラン
http://support.apple.com/kb/HT5879?viewlocale=ja_JP

iCloudフォトライブラリ(β版) を無効(Off)にした場合

フォトライブラリoff

カメラロールと自分のフォトストリームは表示された状態

カメラロール、自分のフォトストリーム

iPhoneやiPadのデフォルトの写真アプリ開いてアルバムを見ると、iCloudフォトライブラリ(β版) をOFFの時には、カメラロールや自分のストリームが表示されます。

※アルバムの構成について
ちなみにコンピューターからの○○枚とは、パソコンでiThunesを使用して
同期した写真のことです。

iPhone・iPad側でiCloudフォトライブラリをOFFにしたら写真・動画は消えるか

写真・動画はiCloud上に保存されているので、下記の操作をしない限り消えません。
iCloud→容量→ストレージ管理→写真→「無効にして削除」

iCloudフォトライブラリ(β版) を有効(On)にした場合

フォトライブラリーon

カメラロールと自分のフォトストリームの表示が消える

全ての写真

カメラロールと自分のフォトストリームが『全ての写真』になります。

※最近削除した項目が追加され、削除した写真が30日間保存されます。

最近削除した項目

※コンピューターから同期した写真(iThunesで同期した写真)が消える
これは、iCloudフォトライブラリ(β版) を有効(On)にした際に、
ポップアップで確認メッセージが表示されます。
※コンピューターからiCloudを利用してアップロードした写真が消えました。

パソコンから見る場合

iCloudフォトライブラリ(β版) を有効(On)にした場合、
パソコンのiCloudから写真を見ることができます。

iCloud 写真

※icloudフォトライブラリに保存した写真は、パソコンから見れます。
写真のアイコンが追加されます。

iCloudフォトライブラリ(β版) と自分のフォトストリームの違い

iCloudの自分のフォトストリーム

iCloudをonにし、自分のフォトストリームをonにすると、カメラロールやiThunesで同期した写真が『自分のフォトストリーム』の中に入ります。これは、iCloudの5GBの容量を消費しないので、容量には、気をつける必要はありません。
しかし、自分のフォトストリームは1000枚までしか保存されず、保存期間は、30日間となっています。
また、写真のみで、動画の保存はしてくれません。

iCloudフォトライブラリ(β版)

自分のフォトストリームとは違い、1000枚の上限も30日間の保存期間も気にしないで利用できます。
過去の写真をiCloudの容量が許す限り、利用できます。
また、自分のフォトストリームとは違い、動画を保存することができます。

まとめ

iPhoneやiPadやパソコンのブラウザで閲覧することが可能な点は、同じですが、データの保存先が、「フォトストリーム」の場合は端末で、iCloudフォトライブラリの場合はオンラインストレージという違いがあります。

「iPhoneストレージを最適化」機能を利用するとどうなるか

ストレージ最適化

iCloudフォトライブラリにアップロードされたオリジナル画像とは別に、
iPhoneやiPadには最適解像度の軽量画像を残してiPhoneやiPadのストレージの容量を
軽くすることができます。

デメリットを挙げるとしたら?

カメラロールに保存されている写真や動画のみiCloudフォトライブラリに保存される点です。

iThunesで同期した写真や動画、自分のフォトストリームの写真は、
iCloudフォトライブラリには、保存ができません。

また、iCloudフォトライブラリはカメラロールの写真を
すべての写真と動画をiCloudに入れるので、選択してiCloudに保存したい場合に対応していません。
また、Wifiの環境が悪い場合は、保存する時間がかなり掛かります。

iCloudフォトライブラリの印象

iCloudフォトライブラリと自分のフォトストリームは同じiCloudでも別モノだと感じました。
iCloudフォトライブラリは、iPhoneに保存されている写真をすべて保存します。
※パソコンから同期した写真は、iCloudフォトライブラリをONにした時に削除されます。

自分のフォトストリームは、パソコンからiCloudを利用して同期させた写真が見れます。(iCloudフォトライブラリでは見れない)

パソコンからiCloudを利用して同期させた写真は、iCloudフォトライブリには保存できない点で、別モノだと感じました。

iCloudフォトライブラリについて参考サイト

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/app/20141024_672844.html
http://wayohoo.com/ios/beginners/how-to-use-icloud-photo-library-for-ios.html

関連記事一覧

  1. 写真
  2. iphone6
  3. camera
  4. アップルApp
  5. apple-icloud
PAGE TOP