iijmio simカード スマホの通信費を格安にする方法

iijmioとは

iijmioとは、個人向けSIM・インターネットサービスを提供するMVNO(エムブイエヌオー)です。

MVNO(エムブイエヌオー)とは

携帯電話などの無線通信インフラを自社で持たずに、他社のインフラを借りて音声通信やデータ通信のサービスを提供する事業者のことです。

iijmioは、イオンの格安スマホの通信サービスを提供しています。

消費者から見れば、ドコモ、ソフトバンク、auと同じような通信サービスを提供しています。

iijmioは、ドコモのインフラを借りていますので、ドコモの古いスマホ端末があれば、使用できます。

MVNO(エムブイエヌオー)のメリット

とにかく安いです。ドコモ、ソフトバンク、auに比べて月々の通信費用が安くできます。

iijmioのsimカードには、データ通信のみ対応しているものと、音声通話とデータ通信の両方ができるsimカードが発売されています。

iijmio simカードの使い方

はじめに、iijmioのsimカードを購入します。
(厳密には、iijmioのsimカードと交換できるシリアルナンバーを購入します。)

購入は、ネットからでも、店頭でも購入することが可能です。

購入したiijmioのsimカードにあるシリアルナンバーをiijmioのホームページで、登録すると

後日、simカードが郵送されてきます。

iijmioのホームページでは、振込先情報や氏名、住所など必要事項を入力する必要があります。

simカードが送られてくると、使用できる状態ですので、ドコモの端末であればすぐに使用することができます。

iijmio simカードの種類

ミニマムスタートプラン 音声通話みおふぉん(3GB)

  • 費用 1,728円/月
  • データ通信容量 3GB/月
  • SMS対応

 

ミニマムスタートプラン(3GB)

  • 費用 972円/月
  • データ通信容量 3GB/月
  • SMS非対応

ファミリーシェアプラン 音声通話みおふぉん(10GB)

  • 費用 3,520円/月
  • データ通信容量 10GB/月
  • SMS対応

ミニマムスタートプラン SMS対応(3GB)

  • 費用 1,123円/月
  • データ通信容量 3GB/月
  • SMS対応

ファミリーシェアプラン(10GB)

  • 費用 2,764円/月
  • データ通信容量 10GB/月
  • SMS非対応

ライトスタートプラン  音声通話みおふぉん(5GB)

  • 費用 2,397円/月
  • データ通信容量 5GB/月
  • SMS対応

ファミリーシェアプラン SMS対応(10GB)

  • 費用 2,916円/月
  • データ通信容量 10GB/月
  • SMS対応

ライトスタートプラン(5GB)

  • 費用 1,641円/月
  • データ通信容量 5GB/月
  • SMS非対応

ライトスタートプラン SMS対応(5GB)

  • 費用 1,792円/月
  • データ通信容量 5GB/月
  • SMS対応

データ通信容量が契約のサイズを超えた場合どうなるか

ドコモ、ソフトバンク、auと同様に速度に制限が掛かります。通信速度が遅くなります。

ただし、iijmioには、バースト転送機能と呼ばれるものが付いています。

バースト転送機能とは、データ容量が契約のサイズを超えて速度が遅くなっても、最初の数秒だけは、高速に通信ができるというものです。ウェブサイトを見るくらいなら、これで対応ができます。

さすがに動画は、ちょっと厳しい感じです。

違約金について

データ用sim・SMS対応のsimカードの場合、違約金は発生しません。

通話機能付きsimの場合は、12ヶ月使用すれば、解約金は発生しません。

12か月以内の解約の場合に違約金が発生します。

残月×1,000円の違約金が発生します。

使っていないデータ通信容量は、翌月に自動繰越になります

たとえば、3GBで契約している場合、今月は2GBしか使用しなかった。来月は、4GB使用することが可能です。

余った1GB分が翌月に自動繰り越しになります。

LINEに対応しているか

SMSに対応しているsimを選んでいただければ、対応できます。

他社から番号そのまま乗り換え(MNP)も対応

現在使用している携帯番号をそのままiijmioのsimに乗り換えることができます。

iijmioのシムカード+αの特典ありのbicsimがおすすめ

以前に、bicsimの記事を書きましたので、よろしければご参考にしてください。

bicsimを購入すると、Wi2(ワイツー) 300の公衆無線LANが無料で利用できます。

本来なら月額300円(税抜き)のところ無料です。

公衆無線LANとは、Wifiスポットのことです。下記のマークがある店舗では、無料で無線を利用することができます。

wi300

※空港、駅、レストラン、マクドナルド、日本全国の無線LANスポットが利用できます。

関連記事一覧

  1. bicsim
PAGE TOP