iOS8.4アップデートできない 不具合 エラーコート53 iPhone6

ウェブ初心者向け

iPhone6でiOS8.4アップデートでエラーが出てアップデートできない現象

iOSをアップデートするときは、WifiをONにしてやることが必須です。

今回は、WifiをONにしてアップデートを実行したにも関わらず、アップデートができなく「不明なエラー」が表示されました。

iPhone本体でアップデートできなかった場合、ithunes経由でソフトウェアのアップデートを行うことでうまくいく場合があるという情報があったので、早速やってみました。

結果は、同じく「不明なエラー」でアップデートはできなかったです。

iPhone6

エラーコードが(53)でした。

なんとエラーコード(53)が出ると、更新も復元もできない状態になる現象が多いみたいです。

バックアップを取っていない方は、iPhoneを出荷時と同じ状態に初期化されること宣告され、データの復元は難しいです。

実際、更新も途中でエラー、復元も途中でエラーになり、ithunesのマークとUSBのマークのまま、電源を消しても、強制終了しても、この画面が表示される状態になりました。

リカバリーモード

この画面はリカバリモードと呼ばれ、iPhone、iPad で強制的に初期化が必要になる状態のことです。

iOSを最新のものにしようとしただけなのに…こんなことになるなんて!!

と、この瞬間思います。

幸いiOS8.4にアップデートする前に、バックアップを取っておいたので、復元は可能ですので安心していますが、とてもめんどくさいことになりました。

iOSをアップデートするときは、必ずバックアップを取りましょう。

iPhone6はアップルストアに持っていくと、ハードウェアの故障でしたので本体の交換になりました。

大阪(梅田)でiPhone6を修理するなら

コメント

  1. 勉強になりました!
    ありがとうございます!