iPhone機種変更時のデータ移動方法 iTunesを使用

ithunes ウェブ初心者向け

iPhoneのデータ移行方法は、少し複雑に思われるので、
まとめてみました。まずは、同期とバックアップの概念から確認します。

iTunesの同期とは

データの流れは、iTunesからiphone・iPadへ一方通行です。
同期することでiTunesのデータをiPhone・iPadに反映することができます。
※データは、ミュージック、アプリ、Podcast、ムービー、着信音、
 写真、メモ、メールアカウント設定、連絡先、カレンダー、ブックマークなど。

iTunes → iPhone・iPad

iPhoneやiPadのデータをiTunesに移す方法

iPhoneやiPadのデータを『バックアップする』ことで、iPhoneやiPadで
データをiTunesに保存することができます。
※データは、ミュージック、アプリ、Podcast、ムービー、着信音、
 写真、メモ、メールアカウント設定、連絡先、カレンダー、ブックマークなど。

iPhone・iPad → iTunes

バックアップ

購入したアプリなどをiThunesに転送する方法

iPhoneで購入したアプリは、バックアップでは移せません。
バックアップを作成後、バックアップの復元をしてもアプリが入らなかったです。

アプリは、アップルIDとひもづいているため、iThunes上でアップルIDを入力し、
ログインする必要があります。

左サイドバーを表示し、『デバイス』を右クリックし、
「購入したものを転送」でiPhone・iPadのアプリがiThunesに保存できます。
アプリは、この操作をしないと保存されません。

※左サイドバーの表示方法
 メニューバーの「表示」から「サイドバーを表示」

※iPhoneやiPadでApp Storeで購入したアプリは、
 同じアップルIDでログインしないと、バックアップされません。

旧型iPhoneから新型iPhoneに機種変更する際のデータの引き継ぎ

新型iPhoneに機種変更した時、昔使用していたiPhoneのデータをそのまま移行したいと
思います。その時は、iTunesを使用してデータを移行します。

通常なら、『今すぐバックアップ』し、『バックアップの復元』でデータは移行できますが、
ログインが必要なアプリ(フェイスブック・ラインなど)は、この方法では、できません。

ログインが必要なアプリについて

フェイスブックやラインは、『バックアップの復元』をしても、データの移行ができません。
アプリをそのままログイン情報を引き継ぐ場合は、再度ログインをする必要があるため。
ログインが必要なアプリについては、下記の方法で回避できます。

このコンピュータにバックアップを作成
→『ローカルのバックアップを暗号化』
→パスワードを変更

バックアップを暗号化

パスワードを暗号化することで、フェイスブックやラインなどのデータを引き継ぐことが
できます。

バックアップの復元について

新しいiPhone・iPadに保存されていたデータはiThunesのデータに上書きされ消えます。
(メール設定、メール、音楽、動画、アプリ)が以前のiPhone・iPadと同じ状態に
なります。

※バックアップの復元をしても、カメラロールの写真はそのまま残ります。

iTunesのアプリの取り扱いについて

コンピュータの認証とは?

iTunes Storeで購入したApp(アプリ)をどのコンピュータで同期し、
使用可能にするかを管理するものです。

※最大5台のPCで同期と使用ができます。
 私は、1つのパソコンに5つアップルデバイス(iPhone/iPadなど)を設定するものと
 思っていましたが、違いました。
 1個のアップルIDでダウンロードしたアプリを使用できるパソコンの台数が5台まで
 という意味です。

アプリをiThunesに保存するには、
Apple IDでコンピュータを認証する必要があります。

コンピュータの認証方法

1.iTunes起動
2.メニューバー「Store」「このコンピュータを認証」を選択
3.Apple IDとパスワードを入力して「認証」をクリック

※メニューバー「Store」が表示されていない場合
 iTunesの画面左上にある「メニュー」アイコンから、
「メニューバーを表示」で表示させることができます。

まとめ

iThunesは、一昔まで、iPodの概念があったので、iThunesを使用しないと
iPodに音楽を移動することができなかったです。
iPhoneやiPadが普及し、アプリや写真が保存できるようになり、
データのやりとりが、複雑になりました。
昔の固定概念から、iThunesからの一方通行という概念があり、
iPnoneやiPadのデータをiThunesには、移せないと思っていました。
同期しても、iThunesに写真やアプリが保存できないと、焦っていました。
バックアップの概念がなく、バックアップとは、データが失ったときに
復元するものと思っていまいたが、アップルのバックアップとは、
iPhoneやiPadのデータをiThunesに保存することだという概念を知らないといけないと
感じました。

コメント