iPhone6ぱっと見何が変わった?

iphone6ウェブ初心者向け
スポンサーリンク

iPhone6の発売日

2014年9月19日(金)

iPhone6の種類

2014年9月19日発売は、iPhone 6とiPhone6 plusです。

iphone6

iphone6薄さ

iPhone6のディスプレイの解像度 Retina Display HD搭載。

iPhone 6

4.7インチ(1334×750)

iPhone 6 Plus

5.5インチ(1920×1080)

価格

iPhone6

iPhone 6

16GB ¥67,800(税別)
64GB ¥79,800(税別)
128GB ¥89,800(税別)

※本体色はゴールド、シルバー、ブラックの3色。

iPhone 6 Plus

iPhone 6 Plus

16GB ¥79,800(税別)
64GB ¥89,800(税別)
128GB ¥99,800(税別)

※本体色はゴールド、シルバー、ブラックの3色。

大手3社の価格

16GBのiPhone6 を購入する場合、新規契約or「MNP(番号持ち運び制度)」を利用した2年契約の場合、実質0円です。

auとソフトバンクの端末および割引価格

au(機種変更)ソフトバンク(機種変更)
本体価格
(月額)
毎月割実質価格本体価格
(月額)
月月割実質価格
iPhone 616GB7万2360円
(3015円)
2410円×241万4520円7万80円
(2920円)
2310円×241万4640円
64GB8万5320円
(3555円)
2410円×242万7480円8万3280円
(3470円)
2310円×242万7840円
128GB9万6120円
(4005円)
2410円×243万8280円9万4080円
(3920円)
2310円×243万8640円
iPhone 6 Plus16GB8万5320円
(3555円)
2410円×242万7480円8万3280円
(3470円)
2310円×242万7840円
64GB9万6120円
(4005円)
2410円×243万8280円9万4080円
(3920円)
2310円×243万8640円
128GB9万9360円
(4140円)
2095円×244万9080円9万9360円
(4140円)
2080円×244万9440円

特典

auは、MNPによる乗り換えで条件を満たした場合、
プリペイド式のサービス「auウォレット」で1万円分の電子マネーをプレゼント。
自社iphone下取り、最大2万7000円。

ソフトバンクは「5s」と「5c」「5」から「6」(16GB)に機種変更する場合、端末の実質負担額を0円にするキャンペーンで対抗。
さらに2年分合計の通信料金から1万800円を割引。
自社iphone下取り、最大2万5440円。

ドコモは、他社(ソフトバンク、au)のiphoneを下取りしてくれます。最大4万3200円相当のポイントを一括付与。

CPU

デスクトップクラスの第2世代64ビットアーキテクチャで設計されたA8チップを搭載。
「iPhone 5S」に搭載されていたA7チップよりCPUは25%、GPU(3Dグラフィックスの表示に必要な計算処理を行う半導体チップ)は50%スピードが向上した。初代iPhoneより50倍の速さです。家庭用ゲーム機のようなクオリティでサクサク動かす事が可能。

バッテリの持ち

音楽再生時間

「iPhone 6」が50時間
「iPhone 6 Plus」が80時間
(「iPhone 5s」は40時間)

ビデオ再生時間

「iPhone 6」が11時間
「iPhone 6 Plus」が14時間
(「iPhone 5s」は10時間)

ドコモ ソフトバンク au

iPhone 6は毎秒最大150Mbps対応(高速データ通信)。
キャリアアグリゲーションに対応。
VoLTE(LTEで音声通話のデータもやり取りするもの)にも対応。
TD-LTEもサポート。
802.11ac(IEEE 802.11nの後継となる第5世代の規格)に対応。

ドコモ

「5s」「5c」用に毎秒最大100MbpsのLTEサービスを現在提供しているが、
東名阪だけながらも新機種は150Mbpsでの利用が可能。
専用周波数のため相当の通信速度が期待できます。

ソフトバンク

150Mビットの通信網を持たないソフトバンクは新機種の性能をフルに活用できないが、
TD-LTEサービスで先行。毎秒最大110Mbpsですが、全国網の強みがあります。

au

毎秒最大150Mbpsに対応する基地局の整備計画を前倒しして、
年内に現在の1万局から1万局に増やす。ちなみにドコモは2000局。

※100Mbpsで、25Mバイトのファイルを1秒で送ることできる。

カメラ機能

カメラは800万画素、F値2.2の新センサー搭載。
オートフォーカスの速さは、2倍高速。
『iPhone 6』と『iPhone 6Plus』は同じカメラを搭載しているが、
『iPhone 6Plus』はジャイロによる光学手ぶれ補正が搭載される。
動画は1920 x 1080/60pでの撮影に対応。
240fpsのスローモーション撮影も可能。

決済サービス「Apple Pay」

iPhone 6 と iPhone 6 Plus には NFC が搭載され、
新しい決済システム『Apple Pay』が使えるようになります。
2014年10月からアメリカで開始。

特徴としては、iPhoneをかざすだけで決済が出来る機能で、
マクドナルド、サブウェイ、トイザラスなどで利用可能となります。

利用方法は店舗の端末に指紋認証を行う「Touch ID」にタッチしながらかざすことで、
本人確認を行い決済が可能です。

利用するクレジットカードの登録はカメラで撮影するだけで、入力の手間がかからないことが特徴。利用可能なクレジットカードは、American Express、MasterCard、Visa。

iPhone6は予約できないのか?

iPhone 5sの発売の時は、予約は受け付けなく、在庫がなくなり次第、予約受付に切り替える対応でしたが、iPhone6,iPhone6 Plusは、2014年9月12日より、ドコモ、au、ソフトバンクが予約受付を始めました。

コメント