北のいいとこ牛っとバーガー クチコミ

北のいいところ牛っとバーガー

名前募集バーガーで話題となった、マクドナルドのキャンペーンバーガーの名前がついに決まりました。

その名も「北のいいとこ牛っとバーガー」

もともとの募集していたときの名前が『北海道産ほくほくポテトとチェダーチーズに焦がし醤油風味の特性オニオンソースが効いたジューシービーフバーガー』でした。

かなり長い名前ですね(笑)

キャンペーンバーガー

初めてこれを見たときには、マクド史上一番長い名前のバーガーだなっと思いました。
一瞬、ロッテリアかどこかのハンバーガー屋さんが企画しているかとも思いました。

500万人の応募があったそうで、私も応募をしたかったですが、締め切りに間に合わず、気づけば名前が決まっていました。

私が考えた名前は、シンプルに『北海道バーガー』でした。ベタ過ぎますね。

北海道

ケースは白でおしゃれな入れ物に入った『北海道産ほくほくポテトとチェダーチーズに焦がし醤油風味の特性オニオンソースが効いたジューシービーフバーガー』

早速いただきました。中には、ほくほくポテトが入っています。

北海道

食べてはじめに気づくことは、バンズが違うことでした。通常のハンバーガーのバンズと全く異なり、ふんわりしたパン生地で、美味しかったです。

ポテトと、ベーコンとチェダーチーズがオニオンソースとマッチして、マクドのハンバーガーでは、個人的なランキングで3位のハンバーガーです。
(1位は、グラコロ。2位は、月見バーガーです。)

募集期間(2月2日~2月14日) の間で2回食べました。

グランプリを受賞した方(1名)には、ハンバーガー10年分だそうです。

そんだけハンバーガーを食べれば、不健康になること間違いなしです。と思っていましたが、ハンバーガー10年分の賞金がもらえるそうです。今回の『北のいいとこ牛っとバーガー』で受賞された方がうらやましい限りです。

この企画はとても面白く、ネット上でも口コミや話題となっているので、マクドの販売戦略が当たったと感じます。

消費者を巻き込むこの企画は、消費者参加型の販売戦略として、うまいなっと感心します。

関連記事一覧

PAGE TOP