mailform.js 郵便番号自動入力がうまくいかない場合の対処法

ウェブ初心者向け

メールフォームプロの郵便番号自動入力がうまくいかない場合の対処法

現象

メールフォームで、郵便番号を入力すると、自動的に住所のデータをとってきて
住所のテキストエリアに書き出してくれる機能ですが、それがうまくいかない。
新しいウィンドウが開き、「ファイルのパスが違う」という雰囲気のエラーのときの対処法です。

考えられる理由

・mailform.jsのファイルの設置場所がおかしい

対処法としては、mailform.jsをいじります。
場所は下記の場所です。参照パスに「mailform」を追加します。
※念のためファイルのバックアップはしといてください。

mailform.js 206行目当たり

window.open("postcode/index.html?"+data,"postcodewindow","width=320,
height=240,scrollbars=no,location=no");

window.open("mailform/postcode/index.html?"+data,"postcodewindow",
"width=320,height=240,scrollbars=no,location=no");

郵便番号の画面が表示される場合

mailform

考えられる理由

「postcode」が古い、mailform.jsが古いなどです。

一度、「postcode」、mailform.jsを削除し、新しいものと入れ替えてみましたが、

この現象を解決できなかったです。

次にHTMLファイルを見ました。

「住所(必須)」の(必須)を消す作業をしていました。

消し忘れを発見しました。

「住所(必須)」「住所」 の2つコードがありました。

ただ単に、「(必須)」の文字の消し忘れが原因で、

郵便番号の画面が表示されていたのです。

mailform2

mailform.jsについて | CGI/Javascriptサポートセンター

mailform.jsについて | CGI/Javascriptサポートセンター
HP作成素人が自社のHPのリニューアルをさせら&#12...

コメント