メイクショップのポイント設定の注意点

メイクショップのポイントについて

レンタルカートシステムのメイクショップのポイントの設定の注意点の話です。

【ポイント付与】税込か税抜き価格か

ポイント付与するときに考えることが

税込価格からポイント付与するか?
税抜価格からポイント付与するか?

たとえば、ポイント付与が1%の場合。

税込価格に対してポイント付与すると、10,000円の商品の税込価格は10,800円です。税込価格の1パーセントで108ポイントが付与されます。

税抜価格に対してポイント付与すると、10,000円の商品に税抜きで1パーセントのポイントを付与で100ポイントになります。

商品毎にポイントを設定する方法

管理画面の商品登録ページでポイントを設定する枠で100と入力します。
手入力で設定していく必要があるため、数が増えると大変です。

CSVファイルと呼ばれるテキストファイルで一括登録することができます。

商品数が多い場合はCSVファイルで全商品のポイントを設定後に、CSVファイルをインポートすることでポイントの設定ができます。

会員がいくらからポイント利用可能か設定する

たとえば、100ポイントたまったら商品代金から100円引きするなどの設定ができます。

注意点は100~900ポイントにおいては100ポイント単位での設定になります。10ポイントや1ポイントでの設定が不可。

1500ポイントから18000ポイントまでは1000ポイント単位で設定可能。

18000ポイントより上は、20000ポイントです。(2016年7月現在)

会員が1回の買い物で利用できるポイントを制限する

たとえば、会員が1000ポイント保持していた場合、1回の買い物で利用できるポイントは500ポイントまで制限することができます。

ポイントの有効期限を設定する

ポイントが失効する期限も設定が可能です。
1か月から36か月の間で設定ができます。

メイクショップは、電話サポートがしっかりしているのでおすすめのサービスです。

MakeShop

メイクショップマニュアル
http://ms-manual.makeshop.jp/reserve/

関連記事一覧

  1. お名前ドットコム
PAGE TOP