ニッチキーワードによるロングテール手法

ニッチキーワードとは

ビックキーワードでは、検索数が多くて競合も多く、検索上位表示が難しいのが特徴です。
スモールキーワードは、競合が少なくて検索上位表示が簡単ですが、検索数が少ないという特徴があります。

検索数が多くて、競合が少ないキーワードを「ニッチキーワード」と呼びます。

ビックキーワードとスモールキーワードの良いところ取りのキーワードです。

ニッチとは、ライバルが少ないある専門的な分野のことを言います。

専門的な知識があれば、ニッチキーワードでアクセスを集めることが可能です。

ロングテール手法とは

ろんぐ

縦軸が売上、横軸がタイトル数です。表の左側が売れ筋商品です。
表の右に進むほど売上が少なくなります。
この表の右側部分が「恐竜のシッポ」に見えることから、マイナー商品の少ない売上部分をロングテールと呼びます。

ロングテール手法は、安定したアクセスを集めるために、複合キーワードで上位表示するページをたくさん作成する手法です。

複合キーワードであれば、ワンキーワードよりも検索順位が安定します。

キーワードの組み合わせもたくさん考えられるので、複合キーワードでの上位表示する方法は、アクセスアップにおすすめの方法です。

複合キーワードで検索上位を狙ったページが1ページ、1日1アクセスあった場合、月間で30アクセスを集めることができます。

もし、そのページが、1000ページあった場合(1000ページ作るのは大変ですが…)

月間で3万アクセスになります。一か月で3万アクセスあると、なかなかのサイトです。

できるだけニッチキーワードで複合キーワードを作成する方法が上位表示のコツです。

アマゾンもロングテール手法で、多くの商品をネット販売しています。

「こんなものまで売っているのか」と驚かされるアマゾンは、幅広い商品をネットで販売しています。

ロングテール手法でSEO対策することは、サイトに大切なアクセスアップに繋がる方法です。

ロングテール手法の良いところは、ビックキーワードでSEOした時に比べて、あらゆるキーワードで集客ができる点です。

100記事を書いたとしたら、内部対策だけで100個の複合キーワードで上位表示できます。

記事を更新する作業がありますが、外部対策ができない方にとって、ロングテール手法は効果的にサイトにアクセスを集めることができます。

関連記事一覧

PAGE TOP