outlook2010 閲覧ウィンドウがオフの状態になってしまう現象の対策

ウェブ初心者向け
スポンサーリンク

outlook2010を再起動するたびに、閲覧ウィンドウの設定がオフになってしまう現象が発生しています。

03

これは、Windowsアップデートが原因です。

12月9日にWindowsアップデートがあり、その中のOutlook 2010 用の更新プログラム「KB3114409」が原因です。

閲覧ウィンドウとは

「表示」の「レイアウト」の「閲覧ウィンドウ」で設定ができます。

01

今回、この閲覧ウィンドウの設定がオフになってしまう現象です。

outlookを一旦閉じてまたoutlookを開くと閲覧ウィンドウがオフの状態になってしまいます。どうすれば固定されるのでしょうか?

昨日まではどうもなかったが、今日になって設定が変わってしまって困っている人も多いと思います。

対処法

Outlook 2010 用の更新プログラム「KB3114409」をアンインストールし、再起動すると治ります。

A

「コントロールパネル」-「プログラムと機能」

画面左上の「インストールされた更新プログラムを表示」をクリック。

一覧から「KB3114409」を削除します。

12月9日のマイクロソフトよりインストールされたプログラムの一部に不都合があり、私もこの症状で困っていたので、Google先生に助けてもらいました。

更新プログラム「KB3114409」アンインストールのこれで解決します。

※マイクロソフトもこの不都合を認めております。

その他、閲覧ウィンドウ以外にも、新規メールを送信する際に「BCC」の欄が消えてしまったり、受信したメールの宛先を右クリックでコピーができなくなってしまったり、という現象が発生しています。

更新プログラム「KB3114409」アンインストールを削除して現象を回避できます。

コメント