タイトルはどう決めるべきか? SEOの視点から解説!

WEBサイトのタイトルにビックキーワードを入れる

内部対策で一番大切なこと、それは、タイトルにキーワードを入れることです。

それも、ビックキーワードを入れることです。

ビックキーワードで、上位表示をすると、アクセスアップが見込めるからです。

特におすすめな方法は、「地域名+ビックキーワード」です。

例えば、大阪で歯科医院をやられている方のサイトのタイトルには、「大阪 歯科医院」などのキーワードをタイトルに入れることです。

Googleのクローラーは、HTMLソースを上から順番に、読み込んでいくため、タイトルタグは、HTMLの最初の方に出てくることが理想です。

Googleのクローラーは、javascriptを読み込めない性質があるため、できるだけ上にキーワードを含んだタイトルを入れることが内部対策では必要になってきます。

metaタグの位置はどこにすると良いか

metaタグとは、ページのキーワードや説明を記述するタグのことです。

これは、サイトの表面には、表示されない文字です。

例えば、meta keywordでは、ページのキーワードを入れることがおすすめです。昔は、ここにキーワードを詰め込むと、SEOに有利でしたが、今ではあまり重要視されていないと感じます。

次に、meta discriptionで、このタグは、サイトの要約を記述する場所になります。

ここにキーワードやキーワードに関連する文字を入力しておくと、検索エンジンに読み込まれて、SEOの内部対策に、効果があると思います。

これら、2つのmetaタグは、タイトルの後に記述することが良いとされています。

タイトルにキーワードを入れる際の注意点

タイトルを決めるときに、キーワードを最初にいれましょう。

Googleがページを読み込むときに、初めに読み込まれたキーワードが、そのページで重要なキーワードと認識します。

タイトルの頭の方にきているほど、そのキーワードが大切ということをGoogleに知らしてあげましょう。

Googleの検索結果に表示されるタイトルの文字数は32文字

タイトルが長すぎても、キーワードが弱くなります。

短すぎても、ビックキーワードのみの場合なら、上位表示は、難しいでしょう。

タイトルに、キーワードを詰め込みすぎて、キーワードがぼやける場合があります。

1ページのタイトルには、2つや3つのキーワードを複合的に考えて、タイトルをつけましょう。

はっきり言ってしまうと、1キーワードで上位表示されていても、SEOの効果は薄いと思います。

大阪で整骨院を探している人が、「整骨院」と検索して、検索結果に東京の整骨院のサイトが検索結果に出ていたとしても、実際に行くには、時間とコストがかかってしまい、あまり意味がないサイトになります。

それよりも「整骨院 大阪」で検索した際に、上位表示した方が、検索した人にとっては有益となります。

キーワード選びの際に、このことを意識しているのとしていないでは、かなりのアクセスの差が生まれますので、タイトルには、複合キーワードをタイトルの頭にいれることが内部SEOの一番大切なことです。

meta discriptionの文字数は60~100文字程度が理想的

meta discriptionは、ページの説明や要約を書く場所です。

そしてここに書いた文字は、検索結果のタイトルの下に表示されます。

Google対策でもありますが、人も読む場所なので、キーワードの羅列にするのではなく、文章にすることがポイントです。

関連記事一覧

PAGE TOP