Googleが出資した仮想通貨のリップルとは?

仮想通貨

仮想通貨のリップルの可能性について

現在、仮想通貨で市場規模は、ビットコイン、イーサリアムに続き、第3位が、リップルです。

リップルは、SBIホールディングスとGoogleが出資していて、今後が期待されている通貨です。仮想通貨の価値は、安く仕入れて高くなったら売るというようなものだけではありません。
このリップルは、世界の通貨と交換ができることが大きな特徴です。

三菱UFJ銀行の仮想通貨MUFJは、1コイン=1円です。

MUFJは、リップルネットワークを通して、全世界のビットコインと交換が可能です。リップルは、ハブ仮想通貨、ブリッジ仮想通貨と呼ばれています。全世界の通貨とも交換ができるのです。

ドルをリップル(XRP)と交換して、円に交換する。BTCをリップル(XRP)と交換して、ドルに交換する。という使い方です。
今後、イーサリアムと同じく価値が上がると思われる仮想通貨です。

特に、海外や国内の他銀行に送金する場合の手数料が、リップルを使うことで、かなり安くなります。送金手数料は、0.1円程度ともいわれています。

世界中の主要銀行が、リップルを使用する予定で、三菱UFJ銀行に続き、三井住友銀行の仮想通貨にも、リップルが関係してくると思われます。

ビットコインとの比較

ビットコインの上限は、2,100万枚で、リップルの上限は1,000億枚です。大きな違いは、ビットコインは、マイニングという作業をしないと、発行できないですが、リップルは、はじめから1000億枚あります。

ビットコインは、0から2,100万枚に近づいていくイメージですが、リップルは、既に1,000億枚が存在していて、ネットワーク上でトランザクションが起こるごとにリップルが減少していくという設計になっています。

また、ビットコインの場合は、ビットコインをマイニングするためにPCの演算能力を活用します。スーパーコンピューターを使って採掘するので、電気代が凄い掛かります。

リップルは、時価総額3位です。三菱UFJ銀行、三井住友銀行、日本のメガバンクが利用するリップルネットワークになります。つまり今後、価値があがる可能性が高い通貨だと思います。

リップルが買える取引所は、コインチェックがオススメです。
初心者にも、使いやすいデザインでセキュリティも強化中!
盗難にあっても、二段階認証設定していれば、100万円まで補償あります。(詳しくはコインチェックのサイト確認)

私がメインに使用している取引所です。
登録も簡単で、オンライン上で完結できます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コメント