RPAとは

未来予測 テクノロジー

RPAとは

Robotic Process Automationの略称です。

作業の自動化。ロボットを使った単純作業のことです。
RPAとは、3段階のうちClass1のことを指します。
ホワイトカラーの単純な間接業務を自動化するテクノロジーです。

誰かによって決定されたルールに沿って、単一的に作業をこなすのが主な特徴。
比較的安価で導入できる点にメリットがあります。
導入はAIと比較して簡単です。

他方、AIとは、3段階のうち、Class2およびClass3のことをさ指します。

大量のデータをもとに分析し、結果を出力するのが特徴で、出力する結果はClass2とClass3では異なりますが、どちらもビッグデータにもとづいている点が共通です。

RPAは単純な作業を繰り返し実施することが得意です。

AIはビッグデータを分析し結果を出力するのが得意です。

この違いは、RPAとAIは大きく異なる特徴です。

EPAとは

大量の画像認識を記録し、新しい画像をカテゴライズする

CAとは

Cognitive Automationの略称です。

売上データや経済情勢、流行などを多面的に分析した経営意思決定。
今までの顧客対応データをもとに、自動対応するか、コールセンターに代わるか、資料を送付するかを、自動で判断し実行。

コメント