20代で身に付ける営業のスキル

20代で身に営業スキル

自己紹介の仕方

○○○○と申します。
あだ名、普段は○○と呼ばれています。

あとは、普段やっている仕事のことを紹介する。

営業のイメージはどんなイメージを持っていますか?

売り込みがうまい人
押しが強い人
明るくて誰にも社交的な人
ぺこぺこしている人

売ってくる人
問題を解決してくれる人
しつこい人
懐に入り込むのが上手な人
お客様と自分の所属している会社の間でベストな答えを出せる人

営業に求められていること

会社が営業に求めることは、キャッシュを稼いでくれること、新しいサービスや新しい商品を作るときに、営業をやっている人の考えをフィードバックしてくれること。

お客様の生の声を事業運営に反映するためのアンテナ役。

数字責任は、プレッシャーは強いが必要。

お客様のニーズをつかむこと。市場の変化の兆しをつかむこと。

従来の営業マンは、自社の商品の良さや、ソリューションを説明する人だったが、今の営業に求められるものは、お客様のニーズをつかみ、課題を設定、仮説を立てて、検証することが求められている。

新しいことをやるときには、お客様も答えを持っていないことが多い。そのため、営業側も、何が答えかわからない中で、仮説を立てて、営業行為で検証をしている状態。

お客様の課題設定も、こちらが一緒になってやっていくことが大切。

営業マンは明るくないとできないのか?

営業は、明るくなくても、お客様に価値を見出せるか、市場の変化に気づける能力があれば、大丈夫です。

数字と売上が一番大切で、そのためにお客様を獲得し、どうやってお客様を自社に巻き込んでくるかが求めれる。

変化のスピードが速い現代では、市場のニーズを把握することや、商品開発のセンサーの役割を担うことが重要。

つまり、事業を創設することが求めれている。

営業職の悩み

プレッシャーに答えないといけない。やらされている感じがする。

事業を自分がやっている!の意識と、商品を売れって言われて、予算通りに売ってくるのでは、仕事の仕方が変わってくる。

関連記事一覧

  1. ithunes
PAGE TOP