これを知っているか知らないかでSEO対策ができるかできないか決まる!知識編

SEO対策とは

SEO対策とは自分のサイトやブログを狙ったキーワードで上位表示させる対策のことです。

SEO対策を極めてしまうと狙ったキーワードに自分のサイトを表示させることができるので集客で困ることはなくなります。

サイトのアクセスのほとんどはGoogleやYahoo!などの検索エンジンからのアクセスだからです。

SEO対策にはいろいろな対策があります。

テクニックや概念を理解するだけでも、膨大な時間を要します。

が、

ここにSEO対策について情報をまとめています。

ここに書いてあることを読んでいただければ、SEOに対する知識も身につくと思います。

SEO対策を極めると狙ったキーワードで自分のサイトを表示させることができるので、集客に困ることはなくなります。

もっと詳しくSEOについて学んでみたい方は、SEO関連の記事を読んでみてください。

SEO対策目次⇒

このページでは、SEO対策の概念を説明しています。

ページランクについて

ページランクは、簡単に言うと

「多くの良質なページからリンクされているページは、良質なページである」

ということです。

つまり、多くの人からリンクされば、されるほど

検索上位に表示される可能性が上がるということです。

Googleのページランクの制度は廃止されたので、

サイトの強さを見る指標は、これから変わります。

ページランク以外に大切な指標は、

ドメインの運営期間です。

長く運営されているサイトが信頼性が高いので検索順位で上位表示しやすいのです。

次に、アクセス数です。

競合サイトの情報を丸裸にすることができる強力なツールシミラーウェブといわれるサービスがあります。

このツールで競合サイトのだいたいのアクセス数などが見れます。

Googleの検索エンジンの分析

「ハイパーテキスト一致分析」というのがあります。

ハイパーテキストとはリンクのことです。

よく文字が青色になっているサイトがありますが、あれがリンクです。

例えば、SEO対策でリンクされている文字があるとします。

Googleの検索エンジンは、リンクされた「https://webooooo.com/category/seo」のURLをSEO対策に関連するページだと分析します。

これが、ハイパーテキスト一致分析です。

Googleはリンクされているページと、リンクの文字を一致させることでそのページが何について書かれているか分析しています。

分析結果を検索結果に反映しています。

なので、SEO対策のテクニックの1つとして

リンクする文字が大切です。

ページを検索結果で上位表示させたい場合はリンクする文字に狙ったキーワードにすることです。

Googleのロボットが巡回している

インターネットの世界ではGoogleの検索エンジンロボットが世界中のWEBサイトの情報を取得しています。

つまり、インターネット空間で巡回してます。

Googleのロボットのことをスパイダーなどと呼びます。
ロボットは、今や人口知能で動いています。

少し技術的な話になりますが、

ホームページを作るときに使用するプログラム言語のHTML(エイチティーエムエル)と呼ばれる言語があります。

リンクする時に使用するプログラムに「href」 タグがあります。
ホームページに画像を表示する時に使用するプログラムはは、「src」タグです。

Googleのロボットは「href」「src」のタグで書かれた情報を見に行きます。

Google社員が手動で検索順位を操作するかどうか

Googleの社員が意図的に順位を操作することはありません。
すべてプログラムに任せているため、Google社員が検索結果を操作することはないとされています。

Googleの告を使えば検索順位が上がるかどうか

Googleは、広告収益がメインの収入源です。

なのでGoogleに広告を出したサイトが検索結果で有利になる。

と思われますが、広告料を支払っている間は、

検索結果で上位に表示されます。(あくまで、広告枠の中だけで)

Googleアナリティクスという解析ツールがありますが、

あれでサイトに訪問した人が何をクリックしてサイトに訪れたかを調べるときに、

本当の実力でSEOで上位表示される場合と、広告を利用して上位表示している場合と二つの場合があります。

解析ツールはどちらでクリックされたかを計測できますので(なんて高機能!)

SEOと広告と区別するために「自然検索」と「広告」と言い方をします。

SEOと広告は全く別ものですので、

Google 広告に掲載しているだけで、自然検索に影響を与えることはないです。

Google広告を使用し集客できてアクセス数が上がって、

アクセス数が上がって、サイトが評価されることで、

検索順位が上がることはあると思いますが。

Googleが広告を出したサイトを優遇するということはなくて

広告を出していないサイトと同等に扱われています。

超重要! 外部要因

外部サイトからのリンクは自分が狙っているキーワードでリンクしてもらうことにしましょう。

例えば、株式投資関係のサイトの場合は、

同じリンクの張られ方で結果が変わります。

「株式投資情報サイトはこちら」と、
「詳しくはこちら」ではリンクの効力が変わります。

どちらがSEO対策に有効かわかりますか?

答えは、前者ですね。

最近のSEOといえば、外部リンクよりも

コンテンツSEOという対策です。

当たり前ですが、コンテンツが素晴らしいサイトはGoogleから高く評価され、検索順位も上位に表示されます。

2016年7月頃からGoogleのアルゴリズムがコンテンツSEOに優遇な動きを見せ、活発化しています。

外部リンクだけに頼っているサイトは軒並み検索順位を落としています。

コンテンツが薄いサイトは上位表示することが難しくなっています。

少なくても1000文字くらいは書きましょう。

1000文字未満でも内容が訪問者のニーズを満たせていれば問題ないですが。

ページランクの上げ方

昔はページランクを上げる対策がありました。

ページランクが高いサイトからリンクを張ってもらうことで、

自分のサイトのページランクが上がる仕組みでした。

ページランクの低いサイトからリンクを張られても

ページランクはほとんど上がりません。

ページランクが高いサイトからリンクを張られることで、

ページランクが上がります。

現在はページランク制は廃止されています。

同じテーマのサイトからのリンクがあると効果的

同じテーマのサイトからの被リンクがたくさんあるページからリンクを張ってもらうと効果があります。

まったく関係ないサイトからのリンクは、Googleは評価しないようになっています。

例えば、株式投資に関するサイトからリンクされた場合、

被リンクされたサイトも株式投資に関連度が高いと判断されます。

リンクを張るなら関連性の高いサイト同士で相互リンクすることが効果的です。

内部要因

内部要因で一番大切なことは、タイトルタグの設定です。

必ず狙っているキーワードを最初に入れることです。(これだけでかなり効果的です)

Googleのロボットは、<title>タグに含まれたキーワードを重視します。

見出しのタグのHxタグも重要です。

H1タグが大見出しでH6は小見出しになります。

ウェブ制作者は見出しまでSEOを意識すると付加価値が上がります。

コンテンツ内にあまりにも多くのキーワードを含むべきではありません。

Googleの検索ロボットも賢くなってきています。

一般的にキーワードは全体の文章の5%程度の割合が良いとされています。

ページランク廃止のニュース

2016年4月18日にGoogleがページランクを廃止しました。

今まではページランクチェックなどでサイトのページランクを見れましたが

それができなくなりました。

一般には公表されていないだけで

Googleではページランクの指標を保持するそうです。

僕たちからすれば、今までサイトの強さを見るものさしであったページランクが見ることができなくなったのは、残念です。

SEOに有効とされているオールドドメインもページランクで価格が高かったり安かったりします。

ページランクが値段の基準となります。

ページランクの代わりに

シミラーウェブが競合サイトを調べるときに役に立ちます。

https://www.similar-web.jp/

GoogleのブラウザのGoogle Chrome(グーグルクローム)の拡張機能にシミラーウェブがあるので入れておいて損はないですよ。

ワンクリックで競合サイトのチェックが可能です。

Google Chromeに追加する

関連記事一覧

PAGE TOP