Googleに好まれるサイトの条件とは

SEOの基本

Googleに好かれるGoogleに好まれるサイトの条件は、まずGoogleがどのようにして表示順位を決定しているかを知る必要があります。

SEO業界では、Googleアルゴリズムという言葉がよく耳にします。

アルゴリズムとは、Googleが順位を決定する際の要素です。このアルゴリズムを知ることができれば、検索結果で1位を取ることができます。
アルゴリズムは、200以上の項目があるとされています。そのことはGoogleは公開していますが、アルゴリズムの中身までは公開していません。その代わりに、Googleがウェブサイトのガイドラインを公開しています。

ガイドラインはこちら

簡単に例を挙げると、

サイトの構造はわかりやすくしましょう。

階層が深いとGoogleのクローラーが見に来てくれないページが存在します。3階層までに抑えましょう。

リンクは、画像ではなくテキストリンクの方にしましょう

画像の文字は、Googleのロボットは読めません。HTMLのテキストの文字をロボットはクロールできます。
各ページには、1つの静的なテキストリンクからアクセスできるようにすること。

どうしても画像を使用したい場合は、テキストリンクの代わりにALT 属性を使用しましょう。

サイトマップ内にリンクがたくさんある場合は、2ページにわけましょう。

1 ページのリンクを妥当な数に抑えるとGoogleとの相性がよくなります。

情報が少ないページは嫌われます。

情報が豊富で便利なサイトを作成しましょう。
ユーザーに見つけてもらいやすくするために、本文中にキーワードを入れましょう。

リンク切れがないかチェックしましょう

無効なリンクがあると、デットリンク扱いとなり、マイナスポイントです。リンク切れツールなど、インターネット上には、たくさんのツールがありますので、検索しましょう。

URLに「?」があるのは要注意

WordPressなどCMSでは、動的なページなため、パーマリンクを最適化しましょう。
初期値では、URLに「?」が付いてしまいます。Googleのロボットは「?」があると、静的なページ同様にクロールできないようです。

コメント