Softbank World2018 基調講演 Day1 ソフトバンク セミナー 2018

未来予測 テクノロジー

AIとIoTについてソフトバンクのセミナーが 
大変勉強になったので、ご紹介します。

2018年7月19日に行われたセミナーです。
孫さんのプレゼンに引き込まれながら、
今後のテクノロジーの進化やAIとIoTがどのような形で、
普及していくのか見える内容となっています。

ソフトバンクがアームを買収した理由が
動画を見ればわかります。

IoT=モノのインターネットに欠かせない
デバイスにアームのチップが埋め込まれます。

孫さんは、AIはIoTにおいて重要だと言っています。
Google、Amazon、Microsoft・・Apple
AIの覇権争いは、どこが覇権を握るかは現段階ではわかりません。

あらゆるモノがインターネットにつながる未来。
モノをインターネットにつなぐために
アームのチップが必要になります。

孫さんはそこを抑えてしまったのです。

あらゆるものがインターネットでつながり、
クラウド上にデータをアップロードし、
AIがデータを処理して、結果を導き出し
サービスに転換する。

この流れの中の最初のデータを収集するモノに
チップが使われます。

あらゆるものがインターネットにつながり、
チップが埋め込まれる。

AIにデータを渡す役割をするチップはアーム製である。
1兆個のチップが世界中に普及することになります。

AIの能力が向上すれば
すべての産業が再定義されます。

コメント