SEO対策で一番大切なこと

SEOの基本
スポンサーリンク

SEO対策で一番大切なこと

検索してサイトに訪れた人に役立つ情報を掲載することです。または紹介したくなる記事を書くことです。

オリジナルの記事で自分の言葉でわかりやすく解説した記事が大切です。

最近、Naverまとめを先頭としたキュレーションサイトがありますが、人の記事をまとめただけのサイトです。

オリジナリティがありません。大切なことは、インターネット上の情報+自分なりの個性を出すことです。

SEO対策で具体的に何が大切か

トップページのタイトルにキーワードを入れること

トップページのタイトルは、サイト名や会社名だけではなく、目標キーワードを入れることが大切です。

全てのページが違うタイトルになっていること

全てのページ、違うタイトルにしましょう。トップページと同じ内容のページではないはずです。

内容に合わせたタイトルをつけることが大切です。

全てのページからトップページへ、キーワードでリンクが張ってある

内部対策の1つです。キーワードでリンクを張ることで、クローラーが巡回してくれます。

<h1>タグにキーワードが入っている

<h1>タグとは、大見出しを記入するときに使うタグです。ページのメインのテーマが<h1>タグです。Googleのロボットは、HTML情報を認識して、<h1>に書かれていることがページの主題と認識します。タイトルと同じく、重要な要素です。

トップページから各ページへのリンクがテキストである

Googleに好まれるサイトの条件とはでも書かせていただきましたが、子ページへのリンクがテキストである方が、Googleのクローラーがページを発見しやすくなります。

meta discriptionにキーワードを含んでいる、もしくは人の興味を引く内容になっている

meta discriptionとは、検索した際に、タイトルの下に出てくる、サイトの説明文のことです。
この説明文は、サイト運営者が自由に決めることができます。何も指定しない場合は、本文中のテキストをGoogleのロボットが拾って表示します。

アクセス解析を設置する

アクセス解析は、無料で利用できるGoogleの解析を使用しましょう。設置すると、どんなキーワードでサイトに訪問しているか等、いろいろな情報が見ることができます。

全てのページがオリジナリティがある

コピーした内容でなく、自分の言葉で書いた記事が一番です。パンダアップデートと呼ばれるGoogleのアルゴリズムの変化で、コピーサイトやペラサイト(内容がないサイト)は、Googleのインデックス(検索結果)から表示されないようになりました。

<img>タグにキーワードで<alt>タグを入れる

Googleのロボットは、画像に書かれている言葉を認識しません。代替策として<alt>タグにキーワードを入れます。本来は、画像が表示されない時に表示する画像の説明する言葉を入れるタグです。

相互リンクしている

相互リンク…これが一番難しい課題です。人気のある記事、役に立つ記事は、自然にリンクが集まりますが、はじめのうちや、検索順位が低いサイトではリンクをしてもらうことが難しいです。
サテライトサイトでペラサイトから自作自演のリンクをすることがSEO業界では流行りましたが、Googleのペンギンアップデートの影響でリンクにも質が求められてきました。自然にリンクを集めることが今後求められてきます。

コメント