スマートフォンのSEO対策 PCサイトとの順位の違いについて

2015年4月21日からGoogleがスマホ対応していないサイトの検索順位を下げるようにしました。

これは、スマホで検索した場合のみです。

Google検索でスマホ対応しているサイトかわかるようになるでも書きましたが、Google検索において、スマホで検索した際に、スマホに対応しているサイトには、検索結果に「スマホ対応」のラベルが表示されるようになりました。このラベルがあるサイトは、Googleからスマホ対応しているサイトと認めらています。

自サイトがスマホ対応になっているか確認する方法

自サイトがスマホ対応になっているか確認する方法は、Googleが提供している、モバイルフレンドリーテストを行うことでわかります。検査には、1分掛かりますが、検査に合格すると、スマホ対応に問題なしと表示されますので、自サイトがスマホ対応しているか調べる際に、便利です。また、このツールは、1ページしか調べられないので、100ページ以上あるサイトの場合は、人気のあるページを5~6ページピックアップしてテストすると良いです。

スマホ対応していないと、サイト全体の評価が下がるか?

スマホ対応していないサイトは、PC版の検索結果で順位に不利になることはありません。まず、スマホで検索した際に、Googleがどのようにして検索順位を決めているかを知る必要があります。それは、PCサイトの評価をベースに、ページがスマホに対応しているかを見てます。
つまり、PCサイトでの検索順位+スマホ対応していることで、スマホでのランキングを決まります。

スマホに対応していないページがあったとしても、サイト全体にマイナスの影響を与えることはありません。スマホに最適化されていると、スマホ検索で有利に働くことは確かです。

スマホ検索では、サイト全体での評価ではなくページ単位での評価になります。

Googleスマホ検索の特徴

Googleスマホ検索の特徴は、スマホにはGPSがついてる点です。現在自分がいる場所をGoogleは知っています。
大阪で「エステサロン」と検索した場合、大阪のエステサロンが検索結果に出てきます。東京にいる場合、スマホで検索すると、東京のエステサロンが検索結果に出てきます。つまり、検索する場所によって検索結果が変わってきます。

スマホユーザー増加!ついにPCユーザーの数を抜きました

PCユーザーを超えました。スマホユーザーが急速に増え続けています。今後PCユーザーより、スマホユーザーにサイトをシフトしていく必要があります。

スマホユーザーは、PCユーザーより極限の状況でサイトを見ています。画面は小さく、外出先では、太陽の光で画面が見にくかったりします。ユーザーは、わかりにくいスマホサイトは、離脱します。

スマホサイトは、時間が掛かるかお金が掛かるものです。

例えば、主要ページだけスマホ対応して、残りはPCサイトで見てもらうのも一時的には良いですが、スマホユーザーが多くなった今では、PCユーザーには、200商品を見せて、スマホユーザーには、30商品しか見せないというような不公平ではいけなくなってきます。

PCサイトとの順位の違いについて

PCで検索した場合と、スマホで検索した場合、スマホ対応していないサイトが落ちてきています。上位7位くらいまでは、PCサイトと同じサイトが表示されているキーワードもありますが、今後、スマホで検索した場合とPCで検索した場合では、検索結果が変わってくる傾向にあります。年内までには、PCの検索結果とスマホの検索結果が変わってきそうです。

関連記事一覧

PAGE TOP