Google上位表示に欠かせない良質なコンテンツとは?

SEO対策

そもそも良質なコンテンツとは?

タイトルの付け方が内部SEOに大切ですが、コンテンツもとても大切です。

特にオリジナリティ溢れるコンテンツがGoogleから評価されます。コピー&ペーストではいけません。

Googleから良質なコンテンツと認められたサイトが上位表示されます。

ターゲットを明確し、役に立つ情報を掲載することが良質なコンテンツ作りの第一歩です。

ユーザーにとって、疑問を解決できるページは特に良いですし、参考にできる情報を掲載することがユーザーにとって役に立つコンテンツになります。

サイトの上位表示の秘訣

良質なコンテンツをサイト内にたくさん持つことが上位表示には必要になります。

オリジナリティ溢れるページをたくさん持つことで、ユーザーのアクセスを集めることができます。

常に情報を発信することで、Googleのクローラーがサイトに見に来る頻度が上がります。

サイトがクローラーによりインデックスされます。

つまり、検索結果にたくさんの記事が掲載されることになるので、必然的にサイトに訪れる人が増えます。

サイトにパワーが集まり検索結果に上位表示されるサイトに成長します。

さらに考えられることがあります。

それは、役に立つコンテンツは人に紹介したくなります。役立つ情報が掲載されているページにリンクが集まります。

インターネットでのリンクは人気投票と同じですから、リンクが集まるサイトは、人気があるサイトです。

Googleは、人気のあるサイトを上位に表示してくれます。

もし、Googleが人気のあるサイトを掲載していなかったら、誰もGoogleの検索エンジンを使わなくなります。

人気コンテンツを作成するためには、オリジナリティ溢れるユーザーに役に立つコンテンツを更新し続けることが大切です。

それができて検索上位表示することが可能になります。

次に大切なポイントは、本文の長さです。1,000文字以上のコンテンツは、オリジナリティがあります。

コピー&ペーストでのサイトは、魅力的ではありません。

ユーザーに役立つコンテンツとは

素材を無料で提供してくれるサイトは、役に立ちます。

写真やイラスト、シルエットなど無料で提供してくれるサイトは感謝です。

Q&A集があるサイトは、ユーザーの悩みを解決してくれるので役に立ちます。

専門家が発信するブログも役に立ちます。

内容が濃い情報を発信しているから信憑性が高いのも理由です。

ページの離脱率が高い理由

ページに書かれている内容が、ユーザーが探している内容と違っていた場合、離脱されます。

また、サイトの表示速度も重要な要素です。

サイトの表示速度が遅いと、ユーザーは他のサイトに行ってしまいます。

タイトルが良くてクリックされても、サイトの表示速度が遅かったら、ユーザーが離脱してしまいます。

ページの表示速度を高める方法は、サーバーを表示速度が速いものにすることです。

ロリポップ、ミニバード、さくらインターネット、web arena、大塚商会など、いろいろサーバーを使ってきましたが、お勧めのレンタルサーバーでも紹介したXserverが表示速度が速いと感じます。

表示速度を早くするためには、HTMLのソースコードを軽くすることで、ページの表示速度を上げることもできます。

ミニファイすることで、ファイルのサイズを軽くできます。

ミニファイとは、余分なスペース、改行、インデントなどの不要なバイトを取り除くことです。

そして、画像ファイルは、できるだけ軽くしましょう。

以上が良質なコンテンツを作成するために、気をつける内容です。

Googleはユーザー第一に考えていますので、Googleの考えを知ることがSEO対策になります。

コメント