タイムズ カーシェアリング 口コミ 家族プランに申し込みました

目次

タイムズカーシェアリングとは

全国主要都市に約5,600カ所に約9,400台のクルマを配備し、月々、個人プランで1,030円、15分206円から車がレンタルできます。料金は、15分毎に料金が発生するショートプランと、6時間パックなどのパックプランがあります。

動画で見るタイムズカープラス
http://plus.timescar.jp/about/movie.html

家族プランで実際に、申し込んでみました

私の場合、すぐに利用したかったので、インターネットから『クイック入会』で申し込みをしました。
クイック入会では、初期費用として掛かるカード発行料1,550円(1人/1枚)が無料だったのと、お試しキャンペーンで月額基本料金が3カ月無料でお得でした。(2014年10月31日まで)

用意するもの

・運転免許証の画像(家族プランの場合、人数分の免許証の写真を撮りました)
・クレジットカード(家族プランの場合1つでOKです)
・運転者ご本人様の携帯電話番号およびメールアドレス

※申し込みフォームで、店舗に行く時間を予約する必要があります。

インターネットから、クイック入会を申し込み、近くの会員カード発行店に行きました。

店舗に到着すると、店員さんがカーシェアリングについて簡単な説明をしてくれます。
また、クイック入会の時に申し込んだメールアドレス宛てに、タイムズからメールが送られてくるので、メールが見れる端末を持っていくことがお薦めです。私の場合、スマホでメールに書いてあるURLをクリックして会員登録が完了しました。家族プランの場合、家族の分のメールもタイムズから送られてくるので、タイムズからメールが来ることを連絡しててもいいと思います。

店員さんから家族の人数分のカードを受け取れました。

カープラスカード

家族プランの料金

例えば、父、兄、弟の3人が利用する場合、父が契約名義人となれば、
月々の基本料金(1030円)は、父の分のみ発生します。
兄と弟は、月々の基本料金は発生しません。

ただし、無料利用料金1030円は、父の分だけです。
兄と弟の無料利用料金はありませんので、ご注意ください。

タイムズ月額基本料金表
http://plus.timescar.jp/fare/basic.html

※家族プランは、「運転免許証に記載された主契約者と家族運転者の名字または住所が同一」であれば申し込むことができます。

家族プランから兄が抜ける場合

父の家族プランの場合、月の無料利用金額は1030円です。兄は、無料利用料金1030円があるなら、
個人プランでもいいと感じ、家族プランから自分だけ抜けて、個人プランに変更したいと思いました。
この場合は、一度家族プランを解約し、新規で個人プランに申し込む必要があります。
カードを店舗まで返却し、免許証などを提示し、申し込みを再度する必要があります。
家族プランから個人プランに変更する際は、申し込みの手続きをスムーズにしてほしいと思いました。

予約について

ネットから予約します。会員IDとパスワードでログイン後、近くのタイムズで空いている車の予約状況が確認できます。

タイムズ予約ページ
http://plus.timescar.jp/use/reserve.html

実際、自分が使いたいときに車は空いているのか?

私の場合、近所に3か所のタイムズがあり、車は4台ある環境でしたので、土日などの自分が借りたい時は、どれか1台は必ず空車でした。人気の車種は、いつも予約がいっぱいになる傾向があると実感しています。

この点は、タイムズの駐車場は、今後も勢いよく増えると思うので、解消はされると思います。

実際に使ってみた

fit

会員カードを車の後ろにあるセンサー部分にかざすと解錠ができます。

センサー部
会員カードをかざす

助手席の前のトランクにキーボックスがあります。

キーボックス
キーボックス

予約の際に、目的地を入力する項目あったので、行き先を登録したら、ナビに登録されていたので、かなり便利だと感心しました。

ガソリンを給油する時は、給油カード(クレジットカード)が運転席の右側のドアにあるので、カーシェアリングに対応しているガソリンスタンドなら、給油が可能です。


給油カード

給油ページ
http://plus.timescar.jp/use/gas-station.html

車の返却は、会員カードを車の後ろにあるセンサー部分にかざすと施錠できます。
これで返却完了になります。

会員カードをかざす

車を返却後に、忘れ物した場合、メールから1度だけ解錠することができます。
返却完了メールが送られてくるので、メールの中身の忘れものをした場合のURLをクリックすると、自動的に車が「カチャッ」と解錠する音が聞こえます。

会員カードにサポート電話番号が書いていますので、わからないことがあれば、何でも聞いています。

また、急発進、急ブレーキなどは、関知されているので安全運転を心がけましょう。

今回は、インターネットからの予約の際に、3時間を設定しましたが、3時間分の料金を請求されることなく、実際に利用した分、請求されました。利用時間が、2時間30分だったので、2時間30分の料金で済みました。

タイムズには会員IDが2つあるので混乱しました

会員登録すると、タイムズからメールが頻繁に来るようになります。
メールの中には、駐車場無料券をポイントでもらえるときがあり、URLをクリックし、タイムズカープラスのログインIDでログインしようとしても、ログインできない場合があり、困りました。

タイムズには、カープラスのIDとは、別にタイムズクラブの会員IDがあり、駐車料無料券のポイントなどは、タイムズクラブの会員IDが必要みたいです。

タイムズカープラスは、カーシェアリングの会員IDのことで、予約などはこちらのIDを使用します。
駐車場無料券などのポイントは、タイムズクラブでの会員IDで利用ができます。

12時間、24時間パックプランの注意点

距離に応じて料金加算される点です。
ショートは、距離に応じての料金加算は0円に対して、12時間、24時間パックは、16円/走行km掛かります。
ちなみに6時間パックは、0円です。

レンタカーでは、ガソリン代が掛かり、カーシェアリング12時間パック以上の場合、距離加算料金があり、どちらで借りたらお得なのか悩むところです。

・ガソリン代が掛からない
・今ならお得なキャンペーンあり
・今後、タイムズの駐車場が増えてくる
・パックプランなら高級車でもスタンダードと同じ料金で乗れる

車を所持すると、駐車場代、保険代、車検代など諸費用が掛かりますが、カーシェアリングなら使うときだけ、費用が発生するので、固定費は、月々1030円だけで済むので、メリットがあると感じます。

関連記事一覧

  1. nexus7
PAGE TOP