人気の超短焦点プロジェクター LSPX-P1 まとめ

ポータブル超短焦点プロジェクター LSPX-P1

LSPX-P1
公式 LSPX-P1/

無線でパソコンの画面を映し出すことが可能

プロジェクター本体のファームウェアをアップデートすると、パソコンから無線で画面を映し出すことが可能です。

電池の持ち時間

プロジェクターのバッテリーは、約2時間使用可能です。
(充電時間約4時間)

自動フォーカス

プロジェクター背面の測距センサーが、投写画面までの距離を測ってフォーカスを自動で合わせます。

スペック

表示素子 1366 x 768 画素

外形寸法 (幅x高さx奥行) 約 81 mm × 131 mm × 131 mm

重さ 約 930 g (片手で余裕で持てる軽さ)

壁からの距離によって映し出される画面の大きさが変わる

壁からの距離0cmで22型の画面を投影できます。

壁からの距離約9cmで40型  〃

壁からの距離約19cmで60型 〃

壁からの距離約28cmで80型 〃

通常のプロジェクターでは考えられない、壁に密着して設置する投射距離0cm。
しかも、22型相当の大きさで映像を映し込める。

無線について

ネット回線を使用する無線ではなく、Wi-Fi Directという新しい無線技術を使います。
Wifi環境がなくても、使用可能です。

無線以外でつなぐ場合

付属のワイヤレスユニットとパソコンをHDMI端子で接続します。

ワイヤレスユニットからプロジェクターへ映像を無線で飛ばします。

http://www.sony.jp/video-projector/products/LSPX-P1/feature_4.html

スマホでの使用について

スマホに専用アプリをインストールすれば、プロジェクターにスマホの映像を映せます。

まとめ

価格は、93,000円前後ですが、1台持っていると便利なプロジェクターだと思います。

持ち運びに優れているコンパクトなボディに、軽さ。

従来型のプロジェクターを持ち運ぶより、LSPX-P1の方がスマートです。

部屋のインテリアとして、置いておくのもおしゃれで良いです。

プライベートでも、仕事でも実用性の高いプロジェクターです。

関連記事一覧

  1. レスポンシブ
  2. 海外でiphoneを利用
PAGE TOP