WEBコンサルティングの3つの領域

WEBコンサルティングの3つの領域

WEBコンサルティングには、専門技術が必要です。
業績を伸ばしているWebサイトには専門技術が集約しています。

いろいろなサイトを調査してきてわかったことがあります。
それは、専門技術には大きくわけて3つあるということです。

1つ目は、集客技術です。
サイトに多くの見込み客を集客する技術のことです。

2つ目はサイトコンテンツ設計技術です。
見込み客がサイトに訪れてからの動線や、見込み客が興味を持ちそうなコンテンツやキャンペーンを企画するなど、コンテンツを制作するスキルです。

3つ目はWEB制作技術です。

集客

WEBサイトを作成したけど、見てくれる人が一人もいない・・・。

という状況では、せっかく制作したWEBサイトがもったいないです。

目的を達成しないまま、サイトが世界中から存在しない状況と同じになってしまします。
そんな悲しい状況を避けるためにも、集客できるサイトにしなければいけません。

・検索エンジン経由(SEO対策が大切)
・SNS経由(フェイスブック・ツイッター・インスタグラム・LINEなど)
・インターネット広告
・メルマガ経由
・他のサイト経由(他のサイトのリンクをたどって)
・お気に入り経由
・アフィリエイト経由

現在の集客はこれらを改善することで人気サイトに生まれ変わります。

WEBサイトに訪問するきっかけは、GoogleやYahoo!などの検索サイトからの訪問者が多いです。

集客にお金を使えるのであれば、ネット広告を出して集客できます。
しかし、広告はお金が払い続けることで集客ができている状態なので、広告をやめたら集客はできません。

集客にお金を使えない場合は、SEO対策をします。
SEO業者に頼むと月額1万~10万円(キーワードの難易度によりかわる)が掛かります。
まるで広告費と同じ扱いです。

これが自社でできれば?

そうです。
自社でもしくは自分でできれば、無料で集客し続けることができます。

1度、上位に表示すれば、順位が落ちることは稀です。
なので、集客しつづけることができるのです。

最近では、バズるという言葉がありますが、これは口コミでサイトにアクセスが集まることです。
ツイッターやフェイスブックなどのSNSにより、ネット上の口コミが簡単にできるようになりました。
なので、この口コミの効果は今後、集客には重要な要素になることは絶対です。

時代の流れはSEO対策からSNSでの集客に移行していくことが言われていますが、バズることは稀です。

なので、私はSEO対策での集客が主流だと思います。
実際にGoogleアナリティクスでたくさんのサイトを見ていると検索エンジン経由のアクセスが8割以上のサイトが多い状況です。

まだまだ検索エンジンが集客の主役なのです。

SEO対策ができれば、集客できるWEBサイトを自分で作ることができるのです。

サイトコンテンツ設計

サイトコンテンツ設計は、WEBコンサルティングが行う中心の役割です。

コンセプトと呼ばれるWEBサイトの存在の基本概念がしっかりしていないと目的を達成できないサイトになります。

集客ができたとしても、目的が達成できないサイトになります。
コンセプト作りでWEBコンサルティングが必要になります。

サイトを公開してから改善ができます。
チラシやDMと異なりインターネットではあらゆる情報を数値化できます。
Googleアナリティクスを使えば計測が簡単です。アクセス数や集客経路などの情報が計測可能です。

データを計測・改善を提案して目的を達成できるサイトに修正していく専門技術と経験がWEBコンサルには必要です。

WEB制作技術

WEB制作技術は、高度な専門の技術者が裏側でソースコードを書いています。
裏側でソースコードを書く人がいないと、WEBサイトは表示できません。

HTMLと呼ばれる基本言語に加えて、スタイルシートを使いレイアウトや文字の大きさや色などを設定しています。

最近ではスマホの急速な普及に伴い、パソコンでもスマホでもWEBサイトが最適化されて見れるようにしなければなりません。

レスポンシブウェブデザインと呼ばれる、新しい技術を使いパソコンとスマホで見ても見やすいようなデザインでWEBサイトを制作するのが主流です。

WEBコンサルティングは、これら3つの専門技術を持つ人がなれる職業です。

はっきり言うとすべてを完璧にこなせる人は少ないです。

大きい制作会社などは分業制ですが、少数精鋭の会社では一人で何役もこなしているところもあるそうです。

WEBコンサルの役割

■集客を得意とする人
SEOコンサルティング
広告プランナー

■WEBサイトの改善をする人
アクセス解析士

■販売戦略
商品の売り方・コピーライティング

■お客様と打ち合わせして、コンセプトを作る人・進捗管理
ディレクター

■WEBサイトを作成する人
WEBデザイナー
フロントエンドエンジニア/HTMLコーダー
バックエンドエンジニア

WEBサイトには、たくさんのスキルを持った人が協力して作られていることが多いです。

WEBコンサルティングは、制作して終わるのではなく、本アップ後に始まるのがWebコンサルの仕事です。
WEBサイトが目的が達成されるように日々改善していくことが仕事なのです。

私が得意としているSEO対策について

SEO対策には大きく分けて2つの領域があります。

内部SEOと外部SEOです。

内部SEO

SEO対策はタイトルが一番重要です。タイトル調整・h1タグの調整・サイト内リンクの調整など内部SEOのノウハウが必要です。

内部SEO対策だけでもキーワードによれば、検索上位表示できる事例もありますので、簡単にできる対策としては内部SEO対策をすることをおすすめします。

外部SEO

SEO対策で一番難しいのが外部SEOです。
サテライトサイトを運営することが外部SEOです。

自分で管理している複数のサイトからSEO対策したいWEBサイトへリンクを設定します。

Googleのアルゴリズムの本質は、HTMLファイルとHTMLファイルをリンクを繋げることです。

つながった2つのファイルの関係性から、ページの重要性を判定して、検索結果に反映することが始まりだといわれています。

なので、ページの重要性や関連性はリンクを基準にしていた ということです。

今でも、リンクの重要性は変わっていないため、リンクはSEO対策には効果的です。

目標キーワードで上位10位以内を目指すなら、外部SEO対策は必要です。

PAGE TOP