WordPressログインできない WordPressのアドレスを変更してしまった場合

「WordPress のアドレス(URL)」 「サイトのアドレス (URL)」を変更してしまった場合

WordPressにログインできなくなりました。

wordpressのアドレスを変更してログインできないときの対処方法
http://wordpress.siyouyo.com/establishment/tukaikata/2669/

ルートディレクトリやURLを変更しようとして、一般設定の中にある

・「WordPress のアドレス(URL)」
・「サイトのアドレス (URL)」

を間違って変更してしまうとログインできなくなってしまいます。

上記サイトがとても参考になりました。

データベースパスワードがわからなかったので、レンタルサーバーは、さくらインターネットだったので、コントロールパネルからデータベースパスワードを設定しました。

phpMyAdminで、サイトのURLをhttp://aaa.comから
http://aaa.com/wpに変更する。

htttp://aaa.com/wp/wp-adminにアクセスすると、以下のメッセージが表示されました。

これは wp-config.php ファイルのユーザー名とパスワードが間違っているか、***のデータベースサーバーに接続できないかのどちらかを意味します。ホストのデータベースサーバーがダウンしているのかもしれません。
ユーザー名とパスワードに間違いはありませんか ?
ホスト名に間違いはありませんか ?
データベースサーバーは動いていますか ?

wp-config.phpにてデータベースパスワードを確認しました。

前のパスワードのままになっていたので、今回新規作成したパスワードに変更すると、ログインできるようになりました。

<?php
/**
 * The base configurations of the WordPress.
 *
 * このファイルは、MySQL、テーブル接頭辞、秘密鍵、言語、ABSPATH の設定を含みます。
 * より詳しい情報は {@link http://wpdocs.sourceforge.jp/wp-config.php_%E3%81%AE%E7%B7%A8%E9%9B%86 
 * wp-config.php の編集} を参照してください。MySQL の設定情報はホスティング先より入手できます。
 *
 * このファイルはインストール時に wp-config.php 作成ウィザードが利用します。
 * ウィザードを介さず、このファイルを "wp-config.php" という名前でコピーして直接編集し値を
 * 入力してもかまいません。
 *
 * @package WordPress
 */

// 注意: 
// Windows の "メモ帳" でこのファイルを編集しないでください !
// 問題なく使えるテキストエディタ
// (http://wpdocs.sourceforge.jp/Codex:%E8%AB%87%E8%A9%B1%E5%AE%A4 参照)
// を使用し、必ず UTF-8 の BOM なし (UTF-8N) で保存してください。



// ** MySQL 設定 - こちらの情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'XXX_wpdb1');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'XXX');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'XXX');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'mysql428.db.sakura.ne.jp');

/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースのキャラクターセット */
define('DB_CHARSET', 'utf8');</blockquote>

「WordPress のアドレス(URL)」 「サイトのアドレス (URL)」は、今後変更しないようにしましょう。

関連記事一覧

PAGE TOP