機械が奪う職業・仕事ランキング サラリーマンはこのままでいいのか?

未来予測 テクノロジー

機械が奪う職業・仕事ランキング

1 位 小売店販売員
2 位 会計士
3 位 一般事務員
4 位 セールスマン
5 位 一般秘書
6 位 飲食カウンター接客係
7 位 商店レジ打ち係や切符販売員
8 位 箱詰め積み降ろしなどの作業員
9 位 帳簿係などの金融取引記録保全員
10 位 大型トラック・ローリー車の運転手
11 位 コールセンター案内係
12 位 乗用車・タクシー・バンの運転手
13 位 中央官庁職員など上級公務員
14 位 調理人(料理人の下で働く人)
15 位 ビル管理人

(※米国上位 15 位)

出典:ダイヤモンドオンライン

なぜ、機械化されるのか?

単純作業・繰り返し作業は、AIや機械の方が
「安く」「早く」「正確」にこなしてくれるからです。

単純作業が次々にAI、ブロックチェーンに置き換わっていきます。

繰り返しの多い作業や、あまり考える必要がなく、
ともかく煩雑だった作業は、機械のほうがはるかに安価に、
かつ圧倒的なスピードでこなしてくれるからです。

貧富の格差はこれからも日本で起こる

昭和60年頃は、富裕層、中産階級、貧困層の3階級のバランスは、
ラグビーボールの形のように、中産階級が一番多いかったのが、
これからの時代は、ひょうたん型になり、
中産階級が少なくなり、貧困層が増える傾向になります。

つまり、上に行く人の数よりも、
下に移動する人の数のほうが
はるかに多くなるということです。
下に行く人達、その人たちのほとんどは、
給料をコツコツ貯めているサラリーマンです。
サラリーマン不遇の時代が、やってこようとしています。

ITによるオートメーション化、AI、機械化、
ロボット、ブロックチェーンのテクノロジーは、
人間の仕事が機械が奪っていきます。
10 年後には、現在ある事務的な職業の
90 %以上がなくなるという人のいるくらいです。

少し大げさな表現でしたが、
サラリーマンとして働いている人にとって、
今のポジションが安泰とは
程遠いのは逃れようのない事実です。

会社勤めで月々の収入を得ていれば安泰、
という時代は終わったのです。

年金制度だって30年後、頼りになるかわかりません。
何も行動しなければ、貧困層に滑り落ちてしまうことは
火を見るよりも明らかです。

1 位 小売店販売員

スーパーやコンビニでのレジ係です。
スーパーのセルフレジやAmazon Goなどの
テクノロジーの発展によって
人がやらなくて良い仕事になります。

また、仮想通貨や電子マネーにより、
決済システムが変わります。

現金を使用しないで決済できる仕組みが
普及すると、レジの役割は今ほど重要ではなくなります。

2 位 会計士

監査は、ブロックチェーンなどを利用することで、
企業の不正会計が行えなくなります。

人間の場合は、不正ができてしまうので
機械に任すことで、不正を防ぐことができます。

ただ、機械やブロックチェーンが完全に普及するまでには、
合意した契約内容がブロックチェーン上で
自動的に履行できるスマートコントラクトの内容に
不備がないか、すべての取引を捕捉できているかなどは、
会計士による確認が必要です。

3 位 一般事務員

単純なデータ入力作業や電話応対などの仕事は
AI(RPA)やチャットボットがやってくれます。

4 位 セールスマン

セールスは自動化できます。
ITの力を借りて今でもセールスは自動化することはできます。
詳しくはネットビジネスで解説する予定です。

ホームページからメルマガに誘導し、販売を行うことは
すべてITツールを駆使すれば可能です。

5 位 一般秘書

秘書業務と言えば、スケジュール管理です。

AIを搭載したデバイスに喋りかけるだけAIが
スケジュールを記憶してくれますので、
秘書に頼まなくても自分でできる時代がきます。

AIを搭載したデバイスがスケジューラーや
音声認識を行います。

メリットは、秘書が確認作業がなくなり、
二度手間がなくなるところです。
なんでも自分でやった方が早いのです。

6 位 飲食カウンター接客係

7 位 商店レジ打ち係や切符販売員

8 位 箱詰め積み降ろしなどの作業員

9 位 帳簿係などの金融取引記録保全員

10 位 大型トラック・ローリー車の運転手

11 位 コールセンター案内係

12 位 乗用車・タクシー・バンの運転手

13 位 中央官庁職員など上級公務員

14 位 調理人(料理人の下で働く人)

15 位 ビル管理人

コメント